NEW

JRA横山典弘「14年ぶり」夏の小倉参戦! 日本レコード連発の“魔界”で気になる「過去成績」と“ポツン”騎乗みせるか徹底予想!!

【この記事のキーワード】, ,

JRA横山典弘「14年ぶり」夏の小倉参戦! 日本レコード連発の魔界で気になる「過去成績」とポツン騎乗みせるか徹底予想!!の画像1

 先週に続き、函館・福島・小倉の3場開催となる今週の競馬。各場で出走馬が確定するなか、日本レコードラッシュが続く小倉競馬場に、あの騎手の参戦が決まった。

 その名は横山典弘騎手。我ら競馬ファンを唸らせるベテランジョッキーの小倉参戦は、2009年2月以来、なんと12年ぶりとなる。

 しかも夏の小倉開催に限ると、2007年7月29日以来となる14年ぶり。これはちょっとした“事件”といってもよいだろう。

 当日18日(日)の小倉競馬では、5鞍に騎乗する横山典騎手。今回の12年ぶりの小倉遠征の理由は、当日のメイン中京記念(G3)に出走するクラヴェルに継続騎乗するためだろう。

 前走マーメイドS(G3)でも同馬の手綱をとり、4角13番手から最後の直線では強烈な末脚が炸裂。5番人気ながら2着に食い込む好騎乗で魅せたのは、記憶に新しいところだ。

 横山典騎手にとって夏開催に限れば、14年ぶりとなる今回の小倉遠征。デビューした1986年以降、小倉で騎乗したのはたった71鞍しかない。通算20374回騎乗して71回というプレミア。すでに2万回以上の騎乗経験を誇る同騎手にとって、全国10場のうち小倉競馬場が占める割合は、たった0.3%に過ぎない。

 その71鞍を調べると、デビュー2年目の1987年に27鞍、翌88年に31鞍と、デビュー間もない当時は、はるばる小倉まで出走機会を求めて遠征していたようだ。

 しかし1988年を最後に、2002年まで14年間も小倉での騎乗はなく、長い“空白期間”が存在。

 14年ぶりに小倉競馬場に登場した2002年9月1日は、栗東・森秀行厩舎の管理馬で2鞍参戦。7Rのアドマイヤハッピーで2着した後、こちらが小倉遠征の目的であろう、当日のメイン小倉2歳ステークス(G3)に出走した。

 同レースでは、単勝オッズ1.3倍の断然人気を集めたチャイニングガールに騎乗。しかし結果は4着(4位入線マルブツタイクーン15着降着による繰り上げ)と、期待を裏切る結果を残している。

 さらにこの日から、今度は5年間、小倉での騎乗がなかった横山典騎手。再び登場したのは2007年7月29日で、当日は5鞍の騎乗機会を得た。

 この年の小倉遠征の目的は、小倉記念(G3)だ。しかしこの年も、騎乗したスウィフトカレントが1番人気に推されながら、7着に終わっている。

 続く次回の小倉遠征は、冬開催の2009年2月7日。2年ぶりの小倉で6鞍に参戦した横山典騎手は、なかでもメインの小倉大賞典(G3)ではサンライズマックスで登場。このときは7番人気ながら、見事に優勝を果たした。

 ここまで横山典騎手の過去の小倉遠征を振り返ると、重賞レースに出走する自身の“お手馬”に乗るために遠征する傾向がみてとれる。つまり12年ぶりとなる今回も、まるで同じパターンといえるのだ。

 ところが前述のとおり、1番人気に推されると結果が伴わないのが、横山典騎手の小倉遠征の傾向でもある。

 一方でサンライズマックスの例よろしく、低評価だと発奮するのか、その低人気をあざ笑うかのように好結果を残すケースがあることも覚えておきたい。18日の中京記念は、どちらに転ぶか。当日のクラヴェルの人気も気になるところだ。

JRA横山典弘「14年ぶり」夏の小倉参戦! 日本レコード連発の“魔界”で気になる「過去成績」と“ポツン”騎乗みせるか徹底予想!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?