NEW

大手パチンコチェーンが社会貢献活動 子供向け仕事体験イベントを実施へ

【この記事のキーワード】, ,

大手パチンコチェーンが社会貢献活動 子供向け仕事体験イベントを実施への画像1

 関東を中心に「D’STATION」をはじめとするパチンコホール事業、ホテル事業、フィットネス事業などを展開するNEXUSグループはこのほど、同社グループのレーシングチーム「D’station Racing」が社会貢献活動の一環として、夏休み期間中の8月7日に子供向けの仕事体験イベントを実施すると公式HP上で発表した。

 当日は、静岡県の御殿場工場を一般開放。「Kids Racing Garage Experience&Tour Hosted D’station Racing」として、普段は入れないレーシングチーム内で、実際にレースで活躍するレーシングマシンの掃除や軽いメンテナンス作業を児童に体験してもらうことで、同チームの活動やモータースポーツの魅力に触れてもらう、とのコンセプトだそうだ。

 参加費は無料で、募集条件は保護者同伴の幼児~中学生までの1家族6名まで(保護者含む)。募集枠は9:00~10:30、11:00~12:30、13:00~14:30、15:00~16:30の4枠で、募集数は各枠最大7グループ、合計168名までとしている。

 イベント参加者には参加記念品としてオリジナルキャップとTシャツの2点セットがプレゼントされる。

 プログラム内容は、プログラム説明10分、ファクトリーツアー(工場見学)15分。その後、5分の準備を経て仕事体験40分、片付け10分、記念写真撮影10分の予定だ。

 事業を通じて「環境に配慮した誠実で発展的な店舗運営を行い、喜びと感動溢れる社会づくり」の実現を目指す同社グループは、2021年1月にSDGs宣言を発表した。このSDGsを国際社会の重要な目標と捉え、企業の価値の追求と社会的課題の解決を両立させることにより、関わる全ての人が幸せになる「幸福度No.1企業を創り上げる」と誓っている。

 SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択された。国連加盟193か国が2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げた目標で、その目標には貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など17項目がある。

 同グループは本年4月、SDGs活動への取り組みの一環として、紙・プラスチックの代替えとなる石灰石から生まれた日本初の新素材「LIMEX(ライメックス)」を使用した名刺を新たに採用し、リサイクルの先を行く「アップリサイクル」を実現できると公表。

 今回のイベントもその一環であり、SDGs17項目のうち「質の高い教育をみんなに」「働きがいも 経済成長も」「つくる責任 つかう責任」の3つの項目に貢献が可能としている。

【注目記事】

パチスロ「鉄板シリーズ」完全告知版が満を持して登場!最高の“癒し”を与える仕上がりを期待!!

パチスロ新台「掟破りの最強BONUS」解禁!「当たれば絶対“1000ぼーなす”」…革命メーカー「最強タッグ」を発表!!

パチンコ驚愕の「一撃1万発」を可能に…「激アツの新台情報」が続々!甘デジでも「恐怖の出玉」が降臨!?

大手パチンコチェーンが社会貢献活動 子供向け仕事体験イベントを実施へのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合