NEW

パチスロ4号機「機械割200%超」「2万7000枚」語り継がれる伝説…歓喜の「128G」を6号機でも期待!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ4号機「機械割200%超」「2万7000枚」語り継がれる伝説…歓喜の「128G」を6号機でも期待!!の画像1

 先日、岡崎産業がパチスロ新台『HIT128』の機種サイト及び製品PVを公開しました。「短期決戦型スロット」という興味深いワードと、近未来的なビジュアルとドット液晶が目を惹く注目作品となっております。

 公開されたPVによると、「128G消化で必ずATに突入!?」というゲーム性が特徴。この間にどれだけMIXモードをUPされるかが、勝利へのカギを握っているようです。

「MIXING BOOST」は8G間、MIXモードUPに期待できる特化ゾーン。モードが上がれば、それだけATの期待度も上昇する仕様です。MIX5に到達すれば「ATゲーム数3桁確定!?」とも紹介されております。

 AT開始時には、最大3G間のゲーム数告知ゾーン「BREAK THE LIMIT」へ突入。ここでは、揃った絵柄の種類によって期待度も変化します。リールロックによる再突入もあり、スタートから白熱した展開を楽しめそうです。

 注目のAT「GALAXY PARTY」は純増2.5枚の押し順タイプ。ここでは毎Gストック抽選も行われており、ストック成功で「50G以上」のATが上乗せされます。終了後も8G間の引き戻しゾーンがあるなど、出玉へ繋がるチャンスは十分といった印象です。

 この一連の流れが僅か「128G」で訪れる。まさに「短期決戦型スロット」の名に相応しい夢が詰め込まれた仕上がりとなっております。

 非常に魅力的なマシンですが、私はこのPVを見たときに真っ先に思いかんだのは「128」という特別な数字に対するものです。

 この「128」という数字はパチスロ4号機時代を思い出す特別なもの。今回は、そんな「128」と密接に関わっていた名機との記憶が蘇ったので、綴らせていただきたいと思います。

 やはり、「4号機×128G」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは初代『キングパルサー』です。ストック機の連チャン仕様や、ボーナス前兆といった要素を取り入れた元祖ともいうべきマシン。ドット液晶にカエルが連続して出現する演出に「もっかい来い!」と熱くなった方も多いのではないでしょうか。

 そんな本機の特徴は、何といっても128G以内のボーナス放出率です。設定変更やリセット時、ボーナス終了後には、かなりの割合で128Gまでにボーナスへ結び付くという熱い仕様でした。

パチスロ4号機「機械割200%超」「2万7000枚」語り継がれる伝説…歓喜の「128G」を6号機でも期待!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!