NEW

「伝説の新馬戦」出走キタサンブラック産駒がJRA初勝利! 安藤勝己氏も注目した一戦、大敗した馬が重賞好走でハイレベルを証明

【この記事のキーワード】, , ,

「伝説の新馬戦」出走キタサンブラック産駒がJRA初勝利! 安藤勝己氏も注目した一戦、大敗した馬が重賞好走でハイレベルを証明の画像1

 18日、小倉競馬場で行われた2R・2歳未勝利戦(芝1800m)は、1番人気に支持されたコナブラック(牡2歳、栗東・清水久嗣厩舎)が勝利した。好スタートから好位4番手を追走し、直線で力強く抜け出すと、2着のアランヴェリテにクビ差をつけて勝利。新種牡馬キタサンブラック産駒はこれが嬉しいJRA初勝利となった。

 騎乗した福永祐一騎手は「初戦である程度特徴をつかんでいて、特徴を活かした競馬をした。距離が延びていい馬。完成度も高い」と上々の評価。父のキタサンブラックも管理した清水久師は「勝てて嬉しい。キタサンブラックにはいい経験をさせてもらったので、少しだけ恩返しができた」と喜びを語った。

 コナブラックの初戦は先月20日に阪神競馬場で行われた芝1600mの新馬戦。このときは勝ち馬ダノンスコーピオンにクビ+3馬身離された3着と敗れた。ほぼ完敗の形ではあったものの、このレースは非常にハイレベルなメンバーが揃っていた。そのため、いわゆる「伝説の新馬戦」になるのではという声もあったほどだ。

 基本的には重賞レースの回顧がメインである元JRA騎手の安藤勝己氏が、自身のTwitterで「注目の新馬戦。G1級が何頭かおって、ゆくゆく伝説の…ってなるかもしれないよ」とつぶやくほどの注目度だった。

 この新馬戦で5着だったグランデが、17日に行われた函館2歳S(G3)に未勝利馬の身ながら挑戦すると、3着に入る健闘を見せたこともハイレベルを証明するものだ。3着だったコナブラックも2戦目で順当に勝ち上がったことで、「伝説」により拍車を掛ける結果となったかもしれない。

 また今回、コナブラックがアランヴェリテを退けたことも評価が必要だ。

「アランヴェリテの前走は宝塚記念(G1)当日に行われた芝1800mの新馬戦で、勝ち馬レッドベルアームから半馬身差の2着。このレースは4年連続で重賞勝ち馬を輩出しており、今年も好メンバーが揃ったことで、一部では『伝説の新馬戦』と評された。

ハイレベルの新馬戦で2着していたアランヴェリテを退けたことでコナブラックの評価が上がるとともに、ダノンスコーピオンが勝った新馬戦の評価もより高いものとなるかもしれません」(競馬記者)

 そうなってくると気になるのが、ダノンスコーピオンが勝った新馬戦に出走していた馬達の次走だ。

 4着だったショウナンハクラクは、24日に函館競馬場で行われる芝1800mの未勝利戦を予定している。3着のコナブラックから更に8馬身離されての4着だっただけにあまり過信もできそうにないが、父フランケル・母父ディープインパクトの血統は魅力だ。一応重賞3着馬であるグランデにも先着しているだけに軽視は禁物だろう。

 2着だったルージュラテールは前走後放牧に出されていたが、すでに帰厩済み。具体的なレースは不明だが、近いうちに復帰を果たすものと思われる。こちらは勝ったダノンスコーピオンと僅差だっただけに、断然人気になるのは必至だが、逆らうのも難しそうだ。

 注目のダノンスコーピオン、コナブラックの次走は未定とのこと。だがコナブラックは福永騎手が「距離が延びていい」と話しているだけに、今後はクラシック戦線での活躍に期待したいところだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

「伝説の新馬戦」出走キタサンブラック産駒がJRA初勝利! 安藤勝己氏も注目した一戦、大敗した馬が重賞好走でハイレベルを証明のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか