NEW

パチスロ6号機「A+AT機」の名機を完全攻略!! 「新パネル」導入で狙い目を再確認!!

【この記事のキーワード】

,

パチスロ6号機「A+AT機」の名機を完全攻略!! 「新パネル」導入で狙い目を再確認!!の画像1

 状況によって出現率が変動するボーナスとATが絡み合う出玉性能。サミーの最新鋭機『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ3』の8月デビューが待たれる中、そのゲーム性の元祖『パチスロ頭文字D』も依然として安定した稼働を維持し続けており、7月19日には新パネル「高橋啓介」バージョンの導入も開始された。

 よって当機は、今が旬とは言わないまでも、狙い目であることは間違いなし。このチャンスを逃さないためにも、攻略要素をいま一度確認しておこう。

 まず、本機の通常時は主にボーナス&ドリフト目抽選区間に滞在しており、ドリフト目、いわゆるゼロボ成立時は内部状態を参照してCZ抽選が行われるとともにCZ抽選区間へ移行。その後は小役成立でもCZ抽選が行われ、最終的に前兆を経てCZの当否がジャッジされる。

 一方、ドリフト目よりも先にボーナスフラグを引いた場合はボーナス当選。ボーナスは約154枚獲得のレジェンドボーナス、約120枚獲得のビッグボーナスの2種類で、前者はAT確定、後者は成立時の内部状態でAT当選期待度が変化する。

 この内部状態の移行契機はチェリーとスイカで、成立時の移行割合は設定に準じてアップ。その数値はチェリーが設定1:3.1%~設定6:16.4%、スイカが設定1:25.0%~設定6:46.9%で、高確移行時は設定不問で10G・20G・30G継続のいずれかが選択される。

 チェリーは設定1:61.2分の1~設定6:53.7分の1と、出現率自体にも設定差が存在。他の小役では共通ベル(ベル小V)とビッグ中のハズレにも設定差があり、これらの数値は前者が設定1:655.4分の1~設定6:436.9分の1、後者が設定1:4.62分の1~設定6:4.10分の1となる。

 CZ当選時は所定の割合で複数あるCZorAT直撃に振り分けられ、高設定は「スピードスターズ」以外が選ばれやすいのが特徴。AT直撃割合については設定1:52612.1分の1~設定6:2900.3分の1と顕著な数値差があるので、1度でも確認できれば高設定を信じてよさそうだ。

 ちなみに、AT直撃時は通常時の演出からAT告知が発生する。

 演出系の設定示唆について述べると、ボーナス確定画面はミニキャラ「ごま豆腐」が高設定示唆で、「車」は設定3以上、「キリン柄豆腐」は設定5以上濃厚。特殊画面「なつき胴上げ」はレジェンドボーナス確定か設定2以上、「真子レーシングスーツ」は設定4以上、「なつきガソリンスタンド」は設定6の可能性が高まる。

 AT中はレジェンドバトル終了時にサブ液晶タッチで変化する画面色に秘密があり、「青」と「緑」は奇数設定、「黄」と「赤」は偶数設定示唆(緑と赤は強パターン)。「紫」は設定2以上、「黒」は設定3以上示唆で、「虹」への変化は設定6に大きな期待が持てる。

 また、AT中の獲得枚数表示「86枚OVER」は設定2以上、「85枚OVER」は設定5以上濃厚。AT終了画面「いつき&拓海」は偶数設定、「親父3人」は高設定示唆で、非完走時に「プロジェクトD」が出現した場合はAT復活のみならず設定6も約束されるようだ。

 もちろん、お馴染みのサミートロフィーも健在で、「銅」は設定2以上、「銀」は設定3以上、「金」は設定4以上、「キリン」は設定5以上、「虹」は設定6に期待。出現タイミングはボーナス後、もしくはAT終了後となるので、見逃さないように注意しよう。

【注目記事】

パチスロ『新ハナビ』に画期的な“新打法”が発覚!! 「目押し猶予」が2コマから〇コマに!? 

パチスロ「万枚」という言葉を世に知らしめた名機…【レトロパチスロ『ウルトラマン倶楽部3』】

パチスロ「原点にして頂点」5号機最高傑作を振り返る! スペックよりも「俊逸なゲーム性」が好評だった名機とは…

パチスロ6号機「A+AT機」の名機を完全攻略!! 「新パネル」導入で狙い目を再確認!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!