NEW

パチスロ「終わらない」ARTを実現!?「6.2号機」対応…人気シリーズ最新作は王道スペックを進化継承!!

パチスロ「終わらない」ARTを実現!?「6.2号機」対応…人気シリーズ最新作は王道スペックを進化継承!!の画像1

 当たるボーナス、入るART。あの人気シリーズが伝統のスペックで完全復活する。

 コナミアミューズメントはこのほど、新台パチスロ『マジカルハロウィン~Trick or Treat!~』のプロモーションムービーを公開し、そのゲーム性の一部を明かした。

 マジカルハロウィンシリーズの初代『マジカルハロウィン』は、5号機時代の2007年に登場した。ビッグとREG、2種類のボーナスと1G純増約0.7枚のART機能「カボチャンス」を搭載し、ビッグ中は内部状態を参照してART抽選。魔界ゾーン中のボーナス成立はプレミアムART「スーパーカボチャンス」へ突入し、平均して1,500枚の出玉獲得が見込める。

 4号機時代のAT機を彷彿とさせる出玉性能と、オリジナルキャラクターに人気声優を起用した愛らしい演出はファンに高評価で、2010年には『マジカルハロウィン2』が誕生。以降は定期的に続編が登場し、パチンコを含めるとそのシリーズ総数は計9作にも及ぶ。

 そんな鉄板コンテンツの最新作となる本機は、有利期間「3,000G」に対応した6.2号機。冒頭で述べた通り、ボーナス+ARTの王道スペックで、ボーナス出現率は169分の1(設定1)、ビッグ獲得枚数は154~203枚だという。

 一方、ART突入率は370分の1(設定1)で、その仕様は1セット30G+α、1G純増約1.0枚のセット管理型。マジハロシリーズお馴染みの多彩な上乗せトリガーを搭載しているようだ。

 残念ながら、PVでは詳しいART突入契機について触れていない。ただ、過去シリーズを踏まえるとボーナス後に移行する特殊状態での押し順ナビ成功、或いは規定ゲーム数消化でARTが発動するのではなかろうか。

 もちろん、上位ART「スーパーカボチャンス」もあるようで、このほか、PVでは「クロニクルバトル」「星の翼」「ハロウィンパーティー」なる要素も確認できる。王道のゲーム性を継承しつつ、新たなイベントも組み込まれているようだ。

 加えて、本機は「まじかりんくしすてむ」によって、「つながる」「超える」「終わらない、止まらない」ARTを実現しているとのこと。ART継続時は減少区間なしのノンストップ連チャンが味わえる上に、2,400枚突破後もさらなる出玉の上乗せが狙える仕様だと思われる。

 なお、導入日等の詳細は現時点で不明。追加情報が入り次第、当サイトでもお伝えする所存だ。

【注目記事】

パチスロ待望の『6号機ジャグラー』新機種が登場!「ファンキー」な仕上がりを期待!!

パチンコ「最大10,500発」の出玉獲得が狙える!? 激アツ新台「おもしろい」と「おいしい」を究極ミックス!!

パチンコ「確率1/39.9」×「約90.5%継続」の夢スペック爆誕!「激アツ特殊スペック」で「手軽に爆連」を期待!!

パチスロ「終わらない」ARTを実現!?「6.2号機」対応…人気シリーズ最新作は王道スペックを進化継承!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!