NEW

パチンコ『牙狼』は驚異の「○百万」!?「アノ価格」が爆上がり…気になる裏側とは!!

【この記事のキーワード】

,

パチンコ『牙狼』は驚異の「○百万」!?「アノ価格」が爆上がり…気になる裏側とは!!の画像1

 パチンコ・パチスロにおける人気のバロメーターといえば、稼働の高さや設置台数など色々あると思います。

 その中でも一目で分かる単純明快な数値は、中古機価格ではないでしょうか。台数によって変動はするものの「ユーザーから人気→ホールの需要が高まる→価格が上昇する」という流れがあります。原則的に、人気機種ほど高額で取引されるというのは皆さんもご存じの通りでしょう。

 近年はギミック豊かな筐体なども多く、製造技術の向上によって新台の販売価格も上昇傾向にある様子。だいたい1台当たり50万円前後はするそうですね。それが需要と供給のバランスによって、中古価格が定価を大きく上回るケースもあるのです。

 パチンコ部門で有名なのは『パチンコCR真・北斗無双』。その人気の高さゆえに、全盛期は200万円を超える額で取引されていたとか。本機の遊技人口やホールの需要が極めて高かったというのが、数字として如実に表れていました。

 パチスロ5号機がバリバリに稼働していた全盛期には、ホールの主力として活躍していた『沖ドキ!』や『バジリスク甲賀忍法帖 絆』も200万円前後で流通していたようですね。

 これ以外にも数々の高額マシンが存在していましたが、特に印象深かった機種は『聖闘士星矢 海皇覚醒』です。本機はヒット作に恵まれなかった5.5号機の中で「万枚」を狙えた数少ない爆裂機。強烈なRUSHと上乗せ性能によって、多くのユーザーを魅了していました。

 本来であれば増産されてもおかしくない人気ぶりでしたが、5.9号機への移行という節目の時期だったことで販売が終了。需要ばかりが膨れ上がり、中古価格は最高で「400万円」を超えるまでに至ったのです。

 本機に関しては私も好きで遊技していましたが、どこのホールも設置台数が少なめでライバルが非常に多かったですね。どんな状況でも、抽選で10番以内を引かないとまず座れませんでした。400万円で取引されるマシンの人気ぶりを、まざまざと見せつけられたわけですが…。

 そんな本機を彷彿とさせる超人気機種が、パチンコ分野に誕生しました。それは『P牙狼 月虹ノ旅人』です。

 導入前から「初代・牙狼レベルの出玉性能」といった声も浮上していた本機。デビュー早々に「14万発」という驚異的な出玉が報告され、前評判以上の凄まじい結果を残したのです。ユーザーの中には「初代を超えた」とすら評する声もありました。

 その類まれな高性能スペックは多くのユーザーを魅了し、多くのホールで好稼働をマーク。瞬く間に人気機種の筆頭格へと躍り出たのです。

 近年稀に見る大反響を得た本機は、果たして中古価格がどれほど高く膨れ上がっているのか。気になっているのは私だけではないでしょう。そんな皆さんの疑問を晴らす最新情報を、今回はご紹介させていただきます。

パチンコ『牙狼』は驚異の「○百万」!?「アノ価格」が爆上がり…気になる裏側とは!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!