NEW

パチンコ「14万発」レベルの感動!?『北斗の拳』『牙狼』に並ぶ“大物”シリーズ名作の思い出!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチンコ「14万発」レベルの感動!?『北斗の拳』『牙狼』に並ぶ大物シリーズ名作の思い出!!の画像1

『北斗の拳』『牙狼』『海物語』といったパチンコ界の超大物シリーズが、ホールへ熱狂を呼び込んでいる。

 北斗神拳伝承者・ 霞拳志郎を主役に据えたパチンコ新台『P蒼天の拳 天刻』は、右打ち中はモードによってV獲得率が異なるという、業界初システムを搭載している点が特徴だ。

 最大4個まで獲得可能なVは一挙に放出される仕組みで、ループ率約83%&最大約3200発の出玉に期待できるという強烈な仕様。ライトミドルスペックながらも「4万5000発」を記録するなど、注目度は高まっている印象だ。

 大量出玉報告という意味では、伝説の初代を強く意識した『P牙狼月虹ノ旅人』を忘れてはならない。「14万発」といったデータも確認されるなど、自慢の破壊力を発揮している状況だ。

 国民的パチンコ『海物語』シリーズ最新作も7月に登場。『Pスーパー海物語 IN 沖縄5』は「王道スペック」の軸を継承しつつ、電チュー大当り時の時短回数と引き戻し率をアップさせた点が特徴だ。

 最大出玉10ラウンド大当り比率が、電チューでは52%にアップしている点もポイント。連チャン時には、強力な出玉感を味わえる仕様となっている。実際に「終日4万8000発」といった報告も浮上するなど、その性能を称賛する声も多い。

 さすがはパチンコ人気を支える人気シリーズ。業界において確たる地位を築いた大物たちの、底力を感じる活躍ぶりである。

 先述した機種だけではなく、これまでも多くユーザーを楽しませる名作を生み出してきた人気シリーズたち。熱狂した機種は多くあるが、その中で筆者が強い思い入れを抱くのは「ルパン三世」シリーズである。

 もはや説明不要だと思うが、「ルパン三世」は1971年からアニメ化された人気作。映画やスペシャルなど多くの作品が発表されているが、個人的には『炎の記憶』『ファーストコンタクト』『ルパン三世VS名探偵コナン』が特にお気に入りだ。

 他にもゲームなど各メディアで取り上げられているわけだが、その存在感はパチンコ業界でも抜群である。『ルパン三世』シリーズといえば、ヒットメーカー平和を支える存在。長きに亘りファンに愛されているシリーズだ。

 近年も斬新なスペック搭載タイプなどがデビュー。多くのマシンが発表され反響を得ているが、その中でも初代『CRルパン三世』を思い浮かべる方は多いだろう。

 販売台数的にも大ヒットを記録した初代。大きな反響を得たのは、国民的キャラを使ったシンプルながらも完成度の高い演出だ(不二子からチラッと見える色に熱くなったのを思い出す)。他では味わえない楽しみを提供しただけではなく、原作を知る多くの人間の関心を得たことも大ヒットに繋がったと言える。

パチンコ「14万発」レベルの感動!?『北斗の拳』『牙狼』に並ぶ“大物”シリーズ名作の思い出!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!