NEW

JRA武豊を襲った「2年前」の悪夢!? 突然のアクシデントにアーモンドアイも被害、アイビスSD(G3)あのお騒がせ馬が新天地で復活?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊を襲った「2年前」の悪夢!? 突然のアクシデントにアーモンドアイも被害、アイビスSD(G3)あのお騒がせ馬が新天地で復活?の画像1

 25日、新潟競馬場で行われるアイビスSD(G3)にロジクライ(牡8歳、栗東・須貝尚介厩舎)が出走を予定している。

 ロジクライはデビュー2戦目を除き5歳までマイルに拘ってきたが、6歳時に出走した芝1400mの阪急杯(G3)で3着と好走。続く高松宮記念(G1)では初の1200mながらも、G1メンバーを相手に勝ち馬ミスターメロディから0.5秒差の8着と健闘した。

 その後は1200mから1600mを使ってきたが、近2走はダート戦。今年で8歳と競走馬としては高齢で、初の千直は未知数だ。

 しかし、1週前の追い切りは栗東坂路で4ハロン50.6秒と1番時計をマークしたようにまだまだ元気一杯。陣営は『スポニチ』の取材に対し「坂路であれだけ時計の出るタイプ。距離が短くなるのはいいと思う」と話しており、決して侮れない存在だ。

 ただ、直線1000mの短距離戦ということもあり、やはり気になるのはスタート。一昨年の「悪夢」を覚えているファンも多いのではないだろうか。

 鞍上が戸崎圭太騎手から武豊騎手に乗り替わって迎えた2019年の安田記念(G1)は、ゲート発走直後に左側へ斜行したロジクライが、ダノンプレミアム、アーモンドアイ、ペルシアンナイト、ロードクエストの進路を妨害。降着こそ免れたが9着に敗れ、ロジクライは発走調教再審査、騎乗した武豊騎手も騎乗停止処分を科されている。

JRA武豊を襲った「2年前」の悪夢!? 突然のアクシデントにアーモンドアイも被害、アイビスSD(G3)あのお騒がせ馬が新天地で復活?の画像2

 レース後、武豊騎手は「スタートの1歩目は出ましたが、その後に物見をして内にヨレてしまいました」と釈明。「接触した3、4頭に迷惑をかけて申し訳ないです」と謝罪をした。

 この件については一部の競馬ファンの間でもSNSや掲示板を通じて話題となったが、様々な憶測が飛び交っているようだ。

「安田記念ではスタート後にゲート裏の職員が、全力疾走でゲート裏外から内に向けて走っています。武豊騎手の『物見をして内にヨレてしまいました』という言葉からも、一部のファンからはこれがスタート後の斜行に影響したのではないかという声も出ていますね。

一般的に馬の視界は350度ほどと言われていますから、ゲート裏の人間の動きに驚いたとしても不思議はありませんよね。その後は発走調教再審査もあってかロジクライにスタート後の大きな斜行は見られませんから、それほど気にしなくても大丈夫ではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 真偽は定かではないが、レースのパトロールビデオを見てもゲート裏の職員が走っていたのは確か。どちらにしても、その後のロジクライのスタートからは心配無用ということなのだろう。

 あとは、新潟千直で圧倒的に有利だと言われる外枠。これさえ引ければ、アッと驚く激走も期待できるかもしれない。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA武豊を襲った「2年前」の悪夢!? 突然のアクシデントにアーモンドアイも被害、アイビスSD(G3)あのお騒がせ馬が新天地で復活?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!