NEW

ウマ娘人気キャラと東京五輪キーパーソンに「意外な関係」!? 東京オリンピックが成功すれば日本競馬界もウハウハ間違いなし?

ウマ娘人気キャラと東京五輪キーパーソンに「意外な関係」!? 東京オリンピックが成功すれば日本競馬界もウハウハ間違いなし?の画像1
ウマ娘 プリティーダービー 公式HPより

 遂に東京オリンピックが開催される。一部で既に競技が行われているが、23日の開会式後から本格的に数々の競技が行われる予定だ。

 1年延期となった今回のオリンピックだが、延期の間にも様々な出来事が発生した。その中でも、特に競馬ファンにとって大きな話題となったのが擬人化競走馬育成シミュレーション『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)だろう。

 ウマ娘が流行したことにより、ライト層の競馬ファンが増えた。それが、無観客開催などで盛り下がりつつあった競馬に火をつけることとなり、ファンの間でしか馴染みのなかった昔の名馬が広く知られるようになった。

 東京オリンピックとウマ娘。一見、関係性が全くないように感じられるが、実はあるオリンピック関係者とウマ娘キャラは深い関係にある。

 それは橋本聖子会長とマルゼンスキーだ。

 橋本会長は、東京オリンピック運営などを統括する「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」の会長だ。東京オリンピックの成功の鍵を握る重要人物の一人と言える。

 対するマルゼンスキーは、70年代に活躍した競走馬だ。無類の強さから「スーパーカー」の名で知られた。ウマ娘では、配信初期から育成キャラとして登場している。

 一方で、マルゼンスキーは「悲運の名馬」としても有名だ。当時の競馬は、外国産馬や海外で種付けされた持込馬に対してクラシック競走などへの出走制限を課していた。マルゼンスキーは、持込馬だったため日本ダービーなどの出走が叶わなかった。

 加えて、脚部不安を常に抱えており故障が多かった。現役時代は、骨折による脚部不安などに見舞われレースへ出走する機会が少なかった。出走制限も相まってマルゼンスキーは無敗ながら生涯でわずか8戦しか出走していない。現在でこそ、これらの制約はなくなったものの、当時はまだまだ不遇な時代だった。

 では、橋本会長とマルゼンスキーどのような関係があるのか。

ウマ娘人気キャラと東京五輪キーパーソンに「意外な関係」!? 東京オリンピックが成功すれば日本競馬界もウハウハ間違いなし?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?