NEW

「大本命」はナリタブライアン、ツインターボ師匠!? ウマ娘激戦必至「ぬいぐるみ化」を懸け、JRAがアイドルホースオーディション開催決定!

「大本命」はナリタブライアン、ツインターボ師匠!? ウマ娘激戦必至「ぬいぐるみ化」を懸け、JRAがアイドルホースオーディション開催決定!の画像1

 21日、全国の競馬ファンに朗報が届いた。JRA(日本中央競馬会)が開催を決定した「京都競馬場Presents アイドルホースオーディション」は、ファン投票の上位5頭が「ぬいぐるみ化」されるという魅力的なイベントだ。

 1990年代を全盛期に、今なお根強い人気を誇る競走馬のぬいぐるみ。かつてのようにゲームセンターのUFOキャッチャーで見掛けることはほぼなくなったが、今年もJRAのターフィー通販クラブで販売された白毛の女王ソダシのぬいぐるみが即完売するなど、数ある競馬グッズの中でも圧倒的な人気を誇る。

 今回、JRAがファン投票の対象としているのは「これまでにぬいぐるみ化されていない競走馬」または「すでにぬいぐるみ化されているが、現在ターフィー通販クラブで販売されていない競走馬」である。

 これだけを見ると、特にオールドファンは色めき立つだろう。何せ、重賞を勝ったことがない馬でも、ぬいぐるみ化のチャンスがあるというわけだ。

 例えば、初めて馬券を獲らせてくれた馬、ずっと応援していたが志半ばで早期引退した馬など、個人的に思い入れのある馬のぬいぐるみ化は、競馬ファンなら誰でも一度は夢見たことがあるかもしれない。

 ただし、ここで肝要になってくるのが、ぬいぐるみ化されるのはファン投票の上位5頭であるという事実だ。

 無論、個人的な思い入れで投票するのは自由。だが、あまりにマイナーな馬だと厳しい戦いを強いられるだろう。21日~25日まで毎日投票できるシステムとはいえ、個人の力ではやはり限界がある。

 そうなってくると俄然有利になるのが、今、多くの競馬ファンを虜にしている『ウマ娘』に登場する馬たちだ。

 先日900万ダウンロードを突破した『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)には、数多くの歴史的名馬が登場するが「すでにぬいぐるみ化されているが、現在ターフィー通販クラブで販売されていない競走馬」がモデルになっているウマ娘が多数いる。

 中でも『ウマ娘』プレイヤーの1人である筆者が大本命に挙げるのは、先日20日に導入されたばかりのメインストーリー第4章「滾り、渇望す」で主役を務めるナリタブライアンだ。

「大本命」はナリタブライアン、ツインターボ師匠!? ウマ娘激戦必至「ぬいぐるみ化」を懸け、JRAがアイドルホースオーディション開催決定!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!