NEW

パチンコ「弱小店」の悲しい現実… AT・ART機の「誤爆」で一気に赤字に!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「弱小店」の悲しい現実… AT・ART機の「誤爆」で一気に赤字に!?の画像1

 先日は「小型店の売上とホール回り」についてお話したが、今回はパチスロについて。

 どこかのホール店長さんが口にした「客さんに対して玉やメダルを出したくない店長なんか何処にもいないんですよ、みんな沢山出してあげたいんですよ」という言葉。おそらく、ホール関係者の大多数が同じような考えを持っているはずだ。「いつも沢山負けている常連さんに玉を出してあげたい」「先日大負けしたあの人に高設定を打ってほしい」など、心情的には出玉で還元したいのである。

 しかし特定の客だけにサービスを行うことは当然ルール違反。それに毎日毎回たくさんの出玉を出していたら経営としてままならないし、商売としても成り立たない。

 したがって、その法人や各店舗における「許される範囲内」でしか出玉は出せないのだが、一方で経営的に余裕のないホールはというと、資金力が乏しく、知恵や工夫で稼働を上げられる実力もない。日々の営業や数字に追われるのが精一杯で、設定を入れる余裕など全くないのである。

 そんな弱小店で働いていたころは、色々と頭を悩まされた。そのホールは田舎の小型店で、客層はお年寄りが中心。せめてもの気持ちで『ジャグラー』シリーズを中心に高設定を入れていたが……。

 そうした中で、AT、ART系の機種が気まぐれで“誤爆”。そうなると、その日の粗利が多少下がってしまうのだが、弱小店にとってはこれだけでも痛手なのだ。かといってAT・ART機なしでは若者がまったく来なくなってしまうし、年配者にもそれなりの需要もある。

 ではどうするか。

パチンコ「弱小店」の悲しい現実… AT・ART機の「誤爆」で一気に赤字に!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!