NEW

パチンコ「RUSH最短1秒決着」など激アツ新台が続々!! 新時代は「怒涛の勢い」で攻めてくる!?【谷村ひとしパチンコ実戦記】

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「RUSH最短1秒決着」など激アツ新台が続々!! 新時代は「怒涛の勢い」で攻めてくる!?【谷村ひとしパチンコ実戦記】の画像1

 連日、全国のホールで、4万3千稼働を記録する『P牙狼月虹ノ旅人』に日本中が1台でも多い設置を求める声が上がっています。

 おそらく1ヶ月半フル稼働を続ける新台の登場は、2013年11月登場の『CRルパン三世消されたルパン』以来です。増産増台が進まないため、中古販売価格が、300万円を超えてしまいました。牙狼で、わざと回収しまくって売り飛ばすようなホールも出ているようです。

 確かに、お客さんを早々に飛ばしてしまうことに慣れたホールには錬金マシンと化してしまった『牙狼月虹ノ旅人』の異常人気です。どこで1万発いや2万発吐くのか手さぐりの方も多いと思います。絶対数が足りないまま、この騒ぎは収まりそうもありません。

 TVのCMも『Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン』に続き始まるようなので、一気にパチンコ広告代理店も高額スポンサーのパチンコメーカーは大歓迎のようです。

 パチンコバブルで昔、『天才バカボン』や『冬のソナタ』などCMが1日中、フルパック数億円の価格でやりとりされてたパチンコ台のCM。2021年、再びパチンコのCMを打てるメーカーは限られていると思います。

 1台でも多くヒット台が出て欲しいドンキホーテと、1台でも多く売りたいメーカーの気持ちは、一致してはいるのです。つまらないと思ってしまう台は、1台でも売って欲しくないのは言うまでもありません。

 とりあえず4万発オーバー記録を出し続ける『牙狼』の存在は、他のメーカーに衝撃を与えました。早いと思っても『超韋駄天』や『牙狼』を超えられなかったり、スピードに演出の面白さが付いていけないレベルで、苦戦するマシンも多いのは事実です。

 出玉で対抗するのは『P宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』。パチンコファンにとっては2004年の『CRF大ヤマト2』の記憶が強烈に残っていて、テンパイ時の音を聞くと思わずゾクゾクとくるパチンコファンも多いでしょう。

 しかし古代進や森雪より、オキシンマやビャクセツが刻み込まれていて、画面の松本零士先生とは違うアニメに、ガッカリしてしまうのも仕方ないのかもしれません。

 デスラーより、大ヤマトのガノンガイラーの“私に勝てるかな”のカッコ良さに差を感じてしまって、ちょっと燃えないリーチになりました。まさにハイスピードの超波動RUSH光速を味わうまでは、打つのがちょっとシンドい感じです。

パチンコ「RUSH最短1秒決着」など激アツ新台が続々!! 新時代は「怒涛の勢い」で攻めてくる!?【谷村ひとしパチンコ実戦記】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合