NEW

JRA アイビスSD(G3)モントライゼは余裕の「消し」!?  8枠有利も狙うのは「あの枠」サンデーサイレンス系<ミスプロ系で大荒れの予感

JRA アイビスSD(G3)モントライゼは余裕の「消し」!?  8枠有利も狙うのは「あの枠」サンデーサイレンス系<ミスプロ系で大荒れの予感の画像1

 今週は中央競馬で唯一の千直重賞、アイビスサマーダッシュ(G3)が新潟競馬場で行われる。

 近10年で8枠が4勝と、過去を振り返っても外枠有利が顕著。5番人気以下で馬券に絡んだ馬は全て5枠より外の馬だった。

 また、直線1000mという特殊な条件ということもあり、好走馬の血統にも大きな特徴がある。

 中央競馬の芝レースで活躍が目立つ、サンデーサイレンス系。しかし、アイビスSDでは過去に1度も勝利していないのだ。

 2着と連対したのも2頭のみ。父はアドマイヤマックス、キンシャサノキセキと、どちらも高松宮記念(G1)を制覇した短距離適性の高い馬で、サンデーサイレンス系では王道と言えないタイプだろう。

 サンデーサイレンス系が苦戦を強いられている一方、近2年で好走しているライオンボスはバトルプラン産駒。2011年にはアフリート産駒のエーブダッチマン、アポロフェニックスが人気薄で激走したように、切れよりも力強い脚を持続する傾向が強いミスタープロスペクター系(以下、ミスプロ系)の活躍が目立つ。軽い芝よりもダート適性に近いものが重要になってくるといえそうだ。

 今回は主に、以上の内容を考慮して予想を組み立てた。

「◎」は、14番オールアットワンス。

 7枠と外目の絶好枠を引き、51kgと斤量も軽い。3歳牝馬で1200mしか使ったことはないが、ダート適性の高いミスプロ系のマクフィ産駒というのも魅力的である。

 陣営も「これまでの内容からも、直線競馬は合うと思います。格上挑戦ですが、斤量も軽いですし楽しみですね。とにかく動きが良くて、仕上がりは申し分ありません」とデキの良さに太鼓判を押す。

 前走の葵S(重賞)では、今回のアイビスSDでも人気が予想されるモントライゼに先着。9番人気ながらG1での好走歴があるヨカヨカに次ぐ3着と、ここでも能力は足りそうだ。

 鞍上の石川裕紀人騎手は今年、小倉大賞典(G3)で11番人気のテリトーリアルで重賞を制すると、フローラS(G2)では14番人気のスライリーで2着と健闘。先月はユニコーンS(G3)のサヴァでも14番人気ながら2着と穴馬券を量産している。

 今回は上位人気となりそうだが、条件が揃ったここは再びの好騎乗に期待したいところだ。

JRA アイビスSD(G3)モントライゼは余裕の「消し」!?  8枠有利も狙うのは「あの枠」サンデーサイレンス系<ミスプロ系で大荒れの予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!