NEW

JRA川田将雅「外から蓋」で“福永祐一封じ”成功も…まさかのライバル 誤認!? 単勝1.9倍コリエンテスは痛恨「4馬身差」敗戦

【この記事のキーワード】

, ,

JRA川田将雅が技あり「外から蓋」で福永祐一封じ成功も……まさかのライバル 誤認!? 単勝1.9倍コリエンテスは痛恨「4馬身差」敗戦の画像1

 24日(土)、新潟競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1600m)は、幸英明騎手が騎乗した5番人気の伏兵オタルエバーが勝利した。好スタートから押し出されるようにハナを奪い、前半3ハロン36秒0というスローペースに落とし込むと、上がり3ハロンを33秒5でまとめてまんまと逃げ切った。

 このレースで最大の注目を浴びたコリエンテス(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)は、単勝1.9倍の1番人気を裏切り、2着に敗れた。3着は同3.4倍の2番人気プルサティーラ(牝2歳、栗東・中内田充正厩舎)で、ゴール前の接戦を制し何とか馬券圏内を確保した。

「3番人気のメイショウイヌワシが単勝13.3倍とかなり離されていました。人気2頭のマッチレースになると考えたファンも多かったはずです。新馬戦で、逃げる馬を予想するのは至難の業ですが、格言通り『人気薄の逃げ馬』が2強を撃破する形になりましたね。

結果論になりますが、コリエンテスの川田将雅騎手とプルサティーラの福永祐一騎手はマークする馬を見誤ってしまったのかもしれません。オッズを見れば仕方のないことなのですが……」(競馬記者)

 スタートから2強がお互いを意識していたように見えたのは気のせいだろうか。ともに好スタートを決め、ライバルの出方をうかがうように先行。コリエンテスが5番手の外目、プルサティーラがそれをマークするように内目の6番手を進んだ。

 ペースが上がらないまま4コーナーを回ると、2頭は馬体を併せて一騎打ちの様相。先に抜け出したのは外のコリエンテスの方だった。川田騎手が右ムチを振るうと、半馬身のリードを奪った。この時、外から蓋をされる形になったプルサティーラは前が壁となり、福永騎手は“ブレーキ”を踏み、万事休す。

 この一瞬の攻防で2強の差は一気に2馬身ほどに広がると、その差がほぼ縮まることなく2頭はゴールになだれ込んだ。

「川田騎手は、絶妙な技でライバル馬を内に閉じ込めましたね。この時点で、プルサティーラに先着できることは確信したと思います。しかし、本当の敵はすでに3馬身ほど前を走り、セーフティーリードを奪っていました……。

一方、福永騎手は加速しかけたところで前が詰まってしまいました。並みの馬ならそこで走る気を失い、馬群に沈んでもおかしくないのですが、プルサティーラはもう一度伸びを見せ、大混戦の3着争いを制しました。なかなかの根性を持っていますね」(同)

 名騎手2人による見応えある攻防は川田騎手に軍配が上がった。しかし、「ずっと手応えは楽でした」とレース後に語った幸騎手騎乗のオタルエバーがコリエンテスの4馬身先にいた。(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA川田将雅「外から蓋」で“福永祐一封じ”成功も…まさかのライバル 誤認!? 単勝1.9倍コリエンテスは痛恨「4馬身差」敗戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!