NEW

パチスロ「7万枚」という大記録も達成…4・5・6号機での「万枚」比較!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ「7万枚」という大記録も達成…4・5・6号機での「万枚」比較!!の画像1

 パチスロにおける『万枚』。AT、ART機を打つユーザーであれば常に夢見る言葉だろう。

『万枚』。万と枚が合わさっただけの単語だが、これはもう完全にパチスロ専門用語という事で合っているのだろうか? おそらくだが他で使う事がない単語だとは思う。

 長らく味わってない万枚。私自身5号機でも何度か万枚を経験しているが、やはり4号機の方が万枚回数は遥かに多い。そして何と言っても、その増加スピードがケタ違いだ。

 5号機で万枚を突破するとなると、まず時間がかかってしまう。1Gあたりの純増枚数が3枚までなのだから当然だが。閉店時にARTゲームが残っていて、取り切れなかった経験がある方も多いだろう。

 GOD凱旋やGODハーデス、スーパービンゴネオ、北斗転生など、一部の機種で2万枚以上…中には3万枚を突破したデータも記録されている。しかし、朝の早い段階でART突入し閉店まで続いてやっとこの出玉といったところだろう。

 しかし、4号機AT機は純増10枚以上が主流だったため、2時間もあれば充分に万枚が可能だった。聞いた話などではなく、私自身が実際に見かけたケースでもコンチ4Xで55000枚、アラジンAで70000枚というのがあった。

 4号機の爆裂AT機と言えば、何かと初代ミリオンゴッドを思い浮かべる人も多いだろう。万枚突破の頻度ではGODが一番かもしれない。

 ただ、ダブル万枚やトリプル万枚のような「突き抜けた出玉」は、コンチ4XやアラジンAに軍配があったように思える(あくまでも個人的なイメージだが)。

 6号機では高純増タイプも可能なため、増加スピード自体は速い。しかし、枚数規制のため1撃で万枚というのは不可能だ。

 5号機においてはほぼすべてのAT、ART機に万枚の可能性があったと言えるが、やはり現行の6号機となると、その確率はグッと下がるだろう。

 そこで今回は、6号機でも比較的万枚が狙えるという機種を幾つか挙げてみたい。

パチスロ「7万枚」という大記録も達成…4・5・6号機での「万枚」比較!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!