NEW

パチスロ「低設定濃厚台」で大逆転勝利! 旧イベント日にあの「大人気シリーズ」を実戦!!

【この記事のキーワード】,

パチスロ「低設定濃厚台」で大逆転勝利! 旧イベント日にあの「大人気シリーズ」を実戦!!の画像1

 ひろ吉のパチスロ『実戦』紹介。今回は5号機の人気シリーズ『魔法少女まどかマギカ2(以下、まどマギ2)』について書いていく。

 通常時はCZ「魔女の結界」からART「マギカRUSH」を目指すゲーム性。またボーナス中は7揃い抽選を行っており、平行に揃えばARTが確定、右下がりであれば特化ゾーン「裏マギカ☆クエスト」への突入が約束される。

 ARTは1セット50Gのゲーム数上乗せ型で、レア役から直乗せや特化ゾーン『マギカクエスト(マスごとの小役でG数上乗せの抽選を行う自力型)(以下、マギクエ)』、『ワルプルギスの夜(継続率管理、本機最強の特化ゾーン)』を目指すゲーム性だ。

 そんな本機を打つべく、激アツの「7月7日」に朝一から某ホールへ足を運んだ。入場抽選に500人以上が並ぶなか、筆者は51番とかなり良い番号を獲得した。

 狙い台だった『押忍!番長3』、『ハナビ』シリーズはすでに満席だったので、次の候補である『まどマギ2』に着席。

 前回の『まどマギ2』実戦ではプラスで終われたものの、大きな見せ場はなく、設定的に見込みもなかったので、今回は期待して打っていきたいところだ。

 朝一、投資350枚ほどで、高確スイカからCZに当選。キャラはさやかだったが、リプレイ4回などから無事ARTに突入した。

 消化中、チャンス目Bからマギクエに当選、しかも内部レベルはMAXのLV3。これでゾーン中の展開を有利に進めやすくなったが、ここでは35Gとうまく伸ばせず……。

 その後も、マギクエで順調にG数を乗せていくもボーナスが絡まず、初のARTは「380G、641枚」で終了した。出だしとしては悪くない立ち上がりだ。

 だが、そこからは何もなく、ハマってはボーナス、ハマってはボーナスの繰り返し。ボーナス中の7揃いもなく、たまに入るCZも4スルーしてしまう。

 気付けば総回転数は3000G手前。ARTは3回(内2回は駆け抜け)、ボーナスが3回、投資はすでに1,380枚に達しており、「今日は大負けだな」と覚悟する。

 ここまで、本当に何も良い要素がなかったが、天井まで300G、穢れはかなり溜まっている様子だったため、「ボーナスを引くまで打ってやめよう」と思っていた。だが、ここから一気に流れが変わる。

 すぐにボーナスを引き、穢れを解放してARTを獲得。ボーナス中に7揃いもありマギクエもゲットした。

 さらにボーナスの1G連が発生! 恩恵はないがやはり嬉しいものだ。準備中にふたたびボーナスを引き、どちらも7揃いが発生し、マギクエのストックは3つとなった。「少しは取り返せる」と期待が高まる。

 ストックしたマギクエは「65G・5G・45G」といずれも大量上乗せとはならなかったが、その後も怒涛のボーナス連打が続き、さらに細かい上乗せも重ねていき、結果は610G消化で「2320枚」を獲得した。なお、公表値はボナ込みで純増2.0枚ほど。それを大きく上回る結果となり、逆転への期待が高まる。

パチスロ「低設定濃厚台」で大逆転勝利! 旧イベント日にあの「大人気シリーズ」を実戦!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!