NEW

JRA名伯楽をして「エアグルーヴを超えた」と言わしめたファインモーション! クイーンS(G3)兄にピルサドスキーを持つ大本命に待ち受けていたまさかの結末

JRA名伯楽をして「エアグルーヴを超えた」と言わしめたファインモーション! クイーンS(G3)兄にピルサドスキーを持つ大本命に待ち受けていたまさかの結末の画像1

 8月1日、函館競馬場で開催されるクイーンS(G3)。牝馬限定の重賞競走として創設されたこのレースは、1996年にそれまでの芝2000mから芝1800mに距離が変更。秋華賞のトライアルとなったが、2000年からは札幌競馬場を舞台に3歳以上の条件へと生まれ変わった。

 芝2000m時代にはシンコウラブリイ、ヒシアマゾン、サクラキャンドルなど、後のG1馬が出走。芝1800mに変更されてからは、トゥザヴィクトリー、デアリングハート(デアリングタクトの祖母)、アヴェンチュラ。近年ではアエロリット、ディアドラなどが勝ち馬として名を連ねた。

 過去、多くの名牝を輩出したレースで確勝を期待されたのが、2003年に武豊騎手とのコンビでクイーンSに出走したファインモーションだ。

 父デインヒル、母ココットという血統で、97年度のヨーロッパカルティエ賞最優秀古馬ピルサドスキーの半妹。ファインモーションに惚れ込んだ伊藤雄二調教師が、血統的な背景からも将来の繁殖牝馬として伏木田牧場会長の伏木田達男氏に購入を持ち掛けた。

 現役時代に管理した伊藤師は、マックスビューティ、シャダイカグラ、ダイイチルビー、エアグルーヴなど多くの名牝を育てた凄腕。その関西の名伯楽をしてこれまで育てた馬のいいところをすべて集めたと言わしめたのだから、師のファインモーションに対する評価の高さも伝わってくる。

 そんな超良血馬のデビューは、2001年12月の阪神競馬。武豊騎手を背にスタートから先頭に立つと、2着馬に4馬身の差をつけて楽に逃げ切った。騎乗した武豊騎手からはその圧倒的なパフォーマンスに「海外で競馬をさせたい」という発言も飛び出したほどだった。

 当時はまだ外国産馬にとって不遇な時代ということもあり、クラシックレースに出走しなかった同馬の初G1勝利は翌年の秋華賞まで待つこととなる。続けて出走したエリザベス女王杯(G1)でも、年長の牝馬を相手に単勝1.2倍の断然人気に応えて圧勝する。

 無敗で挑んだ同年の有馬記念(G1)は、シンボリクリスエスを抑えて堂々の1番人気に支持されるも、当時まだ13番人気の穴馬に過ぎなかったタップダンスシチーにハナを奪われてリズムを崩して5着に敗れる。

 この敗戦でデビューから続いた連勝は6で途切れてしまったが、翌3年の復帰戦に選ばれたのが8月のクイーンSだった。ファインモーションをファンは単勝1.4倍の圧倒的1番人気に支持。2番人気には一つ年上の牝馬二冠馬テイエムオーシャンが続いた。

 ファインモーションは58キロ、テイエムオーシャンは59キロと、いずれも牝馬には過酷な重い斤量を背負ったが、二冠馬同士の対決は大いに盛り上がった。

JRA名伯楽をして「エアグルーヴを超えた」と言わしめたファインモーション! クイーンS(G3)兄にピルサドスキーを持つ大本命に待ち受けていたまさかの結末のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!