NEW

パチンコ「一瞬で決まる大当り」…たった“1発”が「4800発」を生む「セオリー無視」の激アツ台!!

【この記事のキーワード】

,

パチンコ「一瞬で決まる大当り」…たった1発が「4800発」を生む「セオリー無視」の激アツ台!!の画像1

 なんか「小洒落たもの」に忌避感というか嫌悪感というか、そんな曲がった感情を抱くことが多いのだが、一時期ダーツにハマったことがあった。ハマったといっても数ヶ月にも満たないほどのほんの一瞬だが、繊細で奥の深い競技性に惹かれたのである。

 しかし、まず初心者が始める「カウントアップ」に飽きた次のステップとなる「ゼロワン」は、持ち点を減らしていくゲームで最終的にぴったりゼロに調整するのだが、ここで緻密な戦略が必要となる。

 というか、それ以前の計算でわけがわからなくなってしまい、私の頭ではダーツというゲームを楽しむことはできないと断念したのである。しかし、頭を使わなくても激烈に楽しめるダーツが存在する。それは『CRキングオブダーツ』である。

 一般機、役物機に特化した唯一無二のメーカー、A-gonがリリースした形式上は一般電役で、大当りすれば4800発の出玉を獲得できる一撃必殺の一発台といったゲーム性。

 蜂の巣のような役物が上下に2つ搭載された本機はまず、盤面上部にある「Lock On!」と書かれた2つの入賞口を狙う。ここから入った玉は上部役物に導かれ、穴の奥と手前を行き来しながら下に向かっていき、最後に下段の中央に玉がくれば第一段階突破となる。

 下段の役物も構造は同じで、最終的に下段の中央にある穴から排出された玉が直下のVICTORYポケットに入賞すれば大当りである。この役物は『ステップ(Q)』、あるいは『バリエーション3号』といった古い一発台でもみられたモノである。

 それぞれの穴に左右の分岐があり、ハニカム構造によって作られた複数の穴をランダムに駆け抜ける予期できない玉の動きに目が釘付け。同メーカーの『CR GOGOピラミッド』に似たゲーム性で、一瞬で役物を駆け抜ける玉の行方に時間と心が奪われるのである。

 役物の突破率は約1/2.25。どちらも同じ確率なので役物の大当り確率は約1/5と破格。つまり役物に入った時点で激アツとなるが滞留のほぼない速い動きに感情と理解がついていかず、むしろ思考的心理的虚無に陥るバグ状態が発生したりする。

 これは妙にクセになる役物における新しいトリップの形であり、役物好きなパチンコファンの先進的な姿ではないだろうか。同類の事象としては高尾の演出様式があり、セオリーを無視した展開に常識が覆される気持ちよさである。

 さて、見事V入賞を果たせばあとは右打ちで大当りを消化するのみだが、その際は最初に開く右側上部にある「1」とナンバリングされた電チューに玉を4個以必ず入賞させよう。そうしないと想定されている出玉より少ない払い出しとなってしまう。

 ちなみに、役物確率の甘さもあってめったに役物入賞しない機種だが、盤面左にある「KING of DARTS」ポケットに入賞すると小当りが発生。下に連なるチューリップが開き、約72発の玉を獲得することができるようになっている。

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】

パチスロ新台「初代継承×超進化」大ヒットシリーズ最新作がまもなく降臨! お馴染みの上乗せ特化ゾーン、超強力なプレミアフラグも健在!【新台分析-パチスロ編-】

パチンコ新台「時速4万発」報告が浮上…「覚醒するスピード」に困惑するファンも!? 【初打ち実戦速報-機動戦士ガンダムUC編-】

パチンコ「3」から始まる大爆発!「連チャン×超出玉」で魅了した「爆裂タイトル」初代を振り返る

パチンコ「一瞬で決まる大当り」…たった“1発”が「4800発」を生む「セオリー無視」の激アツ台!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!