NEW

JRAグランアレグリアVSコントレイル激突再び!? 3歳トップクラスの参戦も濃厚、「超豪華」メンバー集結する秋の天皇賞は大混戦確実か

【この記事のキーワード】

, ,

JRAグランアレグリアVSコントレイルの激突再び!? 3歳トップクラスの参戦も濃厚、「超豪華」メンバー集結する秋の天皇賞は大混戦確実かの画像1
グランアレグリア 撮影:Ruriko.I

「タイキシャトルやシンコウラブリイの2000mより自信あるよ」

 昨年のマイルCS(G1)前に感じた手応えが、いよいよ現実のものとなるか。

 28日にサンデーサラブレッドクラブが公式ホームページで発表した内容によると、今年のヴィクトリアマイルでG1・5勝目を挙げたグランアレグリア(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)は、秋の天皇賞(G1)から始動することが分かった。

 昨秋はスプリンターズS(G1)からマイルCS(G1)のローテーションでG1を連勝。1200mを連勝したグランアレグリアについて、冗談交じりながらも「使うところを間違えたよ」とコメントしていたように、距離延長へ含みを持たせていた藤沢師。

 その言葉を証明するかのように、今春は高松宮記念(G1)ではなく芝2000m戦である大阪杯(G1)からの始動を選択。レース直前、集中的な雨に見舞われ、良馬場だった午前中から一転して重馬場での開催となった。

 レースは、抜群の重適性を見せつけたレイパパレが2着モズベッロに4馬身の差をつける圧勝。4着に敗れたグランアレグリアをC.ルメール騎手は「良の2000mなら問題ないと思う」と、馬場を敗因に挙げた。

 馬場適性が明暗を分けた可能性は、大阪杯で好走したレイパパレやモズベッロが、良馬場の宝塚記念(G1)でパフォーマンスを落としたことから考えても、少なからず関係していたのだろう。

 グランアレグリア陣営にとって想定外だったとすれば、次走のヴィクトリアマイルを楽勝しながらも、同じ東京・芝1600mの安田記念(G1)で、ダノンキングリーの前に不覚を取ったことだろう。

 天皇賞の舞台は、来年2月に定年による引退を間近に控える藤沢師、牝馬の現役は6歳3月までとクラブ規定で定められているグランアレグリアにとっても負けられないレースとなる。

 だが、今年の天皇賞を制することは、相当難しいかもしれない。

JRAグランアレグリアVSコントレイル激突再び!? 3歳トップクラスの参戦も濃厚、「超豪華」メンバー集結する秋の天皇賞は大混戦確実かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!