NEW

パチンコ「連チャン機能」の歴史に「新たな1ページ」を刻む!「V獲得率の変化」するモードを作り出す「新機軸ストック」!!【クセ強スペック研究所】

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「連チャン機能」の歴史に「新たな1ページ」を刻む!「V獲得率の変化」するモードを作り出す「新機軸ストック」!!【クセ強スペック研究所】の画像1

「天刻(てんごく)ループ」なる新機軸の連チャンシステムを搭載したサミーの新機種『P蒼天の拳 天刻』。

CR銀河機攻隊マジェスティックプリンス』から始まったパチンコストック機は『緋弾のアリア~被弾覚醒編~』や『アイドルマスターミリオンライブ』など、P機時代に突入し飛躍的な進化を遂げた。

 本機もその系譜に連なると同時に、パチンコにおける連チャン機能の歴史に新たな1ページを刻む画期的なアイデアが盛り込まれている。

 まずはその『蒼天天刻』の概要をおさらいしておくと、初当りの54%で突入する連チャンモード「死合の刻」は1セット4変動のストックモードで、最大4個の大当り(V)を獲得できる。

 また、「死合の刻」にはV獲得率の異なる3つのモードが存在し、もっとも期待度の低い「死合の刻」で約80%、上位の「CHANCE死合の刻」だと約94%、1番の上のスペシャルモード「天授の儀」なら100%、つまり最大4個のVストックが約束されるようになっている。

 そして、1セット中に1個でもVを獲得することができればすべての大当り放出後、再びストックモードに突入し、ストックがなくなるまで3つのモードによるV獲得チャレンジに挑むことになる。このストックモードのループがトータルで約83%となる。

 ストックの仕組みは『マジェプリ』と同じように特図1の変動中に1/1で大当りとなる特図2(電チュー)が開く普通図柄を抽選し、最大保留4個分溜める仕組みであろう。ただ、2分間といった限られた時間内で何回当りを引けるかといった抽選ではなく、普通図柄の保留4つ分でストックを展開しているようである。

 この仕組みによって遊技上の問題点が発生することがある。それは遊タイム突入時のストックモードで、上記のとおり、本機は特図1の変動中にストックを行う仕様なので、逆にいえば特図1つまりヘソによる抽選がない場合にはストックするための時間がなくなってしまうのである。

 遊タイムでは到達までにカウントダウン演出が発生するので無駄玉、無駄抽選をなくそうと保留が0になるような調整をする打ち手もいるが、本機ではこの行為が命取りになる。

 しかも遊タイム突入時はマックスストックが期待できる「天授の儀」が濃厚となるので、ヘソ保留0による弊害はすさまじいものとなる。これは絶対に気をつけなくてはならない事象である。

パチンコ「連チャン機能」の歴史に「新たな1ページ」を刻む!「V獲得率の変化」するモードを作り出す「新機軸ストック」!!【クセ強スペック研究所】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!