NEW

パチスロ目押しで勝てる「激甘スペック」! その初代「〇〇」にフィーチャーした動画が話題沸騰中!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ目押しで勝てる「激甘スペック」! その初代「〇〇」にフィーチャーした動画が話題沸騰中!!の画像1

 7月5日導入を開始した、エレコの『新ハナビ』。言わずとしれた『ハナビ』シリーズの最新作で、5号機『ハナビ』のゲーム性を進化継承させた技術介入マシンである。

 機械割を押し上げる技術介入要素は通常時の小役狙いやRT中のハズシ、ビッグ中に行う1回だけのビタ押しに加えて、今作ではREG中にも存在。消化手順は難易度が異なる3パターンが用意され、左リールからの全リールフリー打ちは平均71枚の獲得、右リールからの左リールのみ3連ドン図柄狙いは平均89枚の獲得、上級者向けとなる中リールからの全リール氷図柄狙いはMAX112枚の獲得が見込める。

 そんなハナビの初代、4号機『ハナビ』の登場は1998年。消灯やフラッシュといったバックライト演出に多彩なリーチ目が絡み合う、同じく4号機の『サンダーV』や『バーサス』の優秀遺伝子を受け継いだだけでなく、チェリーorボーナス成立ゲームで発生する「遅れ」やボーナス告知ランプを追加することで、ゲーム性の幅を一気に拡大させた名機中の名機である。

 当時はアルゼ、現在はユニバーサルエンターテインメントの社名に変更した『ハナビ』シリーズの生みの親は先日、同社の公式YouTubeチャンネル「ユニバチャンネル」内の「A PROJECTチャンネル」にて、初代『ハナビ』をフィーチャーした「素晴らしきスロットデザインの世界【初代ハナビ編】」を公開した。

 進行はお馴染み、元オノルの名でライター活動をしていた小野Pで、今回もマニアックなネタに終始している。

 まず、ビッグ図柄は『新ハナビ』と同じく赤七とドンちゃんの2種類がある。小野P曰く、赤七はパチスロ史上初めて漢字で使用した図柄だそうで、和風テイストに「バッチリ合った」絵柄と絶賛。

 2画目ラスト、1本の「はね」は4号機『オオハナビ』だと2本ラインだそうで、鉢巻についても『ハナビ』は青色水玉鉢巻、『オオハナビ』は赤ドンの捻り鉢巻、『ドンちゃん2』は緑ドンの緑色水玉鉢巻と、それぞれ違いがあるという。

 ドンちゃん図柄は『ハナビ』から初採用で、実は1996年にデビューした『シーシーエンジェル』の「フラップくん」がベースになっているとの噂。頭に巻く鉢巻も小野Pは同年発売『タコスロ』の「八っちゃん」からの引用と予想しているそうで、ドンちゃん図柄は「ユニバの集合体」のようなイメージと熱弁している。

 小役については、風鈴図柄は「ベルを和風にすると風鈴」と、開発者のセンスに脱帽。以降、青ドンが主役のマシンには風鈴図柄が使われているそうで、赤ドン系では三尺玉図柄、緑ドン系では提灯図柄に変化するそうだ。
 
 このほか、動画ではリプレイ図柄や氷図柄、チェリー図柄などについても言及。チェリー図柄は3号機時代のあのマシンから流用していたなど、パチスロマニアにはたまらないネタが詰め込まれている。

 わずか13分ほどの短尺ながらも、内容は非常に濃厚。『新ハナビ』をより楽しむためにも、ルーツを探ってみてはいかがであろうか。 

【注目記事】

パチスロ6号機「朝一が激アマ」少ない投資で堅実に稼ぐ! 「おいしいリセットマシン」リスト

パチンコ新台「81%継続」「ALL1500発」「3倍速」の超RUSH! 強烈&爽快な覚醒スペックを堪能せよ!【新台分析-PF 機動戦士ガンダムユニコーン-編】

パチスロ6号機で「軽く完走」…マイナス状態を救う「一撃トリガー」の引き金は!?

甘デジ「100%ST」なのに「次回大当りまで継続」するモード搭載! 右打ち中「1000発25%」の出玉感も魅力!!

パチスロ目押しで勝てる「激甘スペック」! その初代「〇〇」にフィーチャーした動画が話題沸騰中!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!