NEW

パチスロ6号機で「軽く完走」…マイナス状態を救う「一撃トリガー」の引き金は!?

【この記事のキーワード】,

パチスロ6号機で「軽く完走」…マイナス状態を救う「一撃トリガー」の引き金は!?の画像1

 ひろ吉のパチスロ「実戦」紹介。今回は大人気アニメをモチーフにした『バジリスク~甲賀忍法帖~絆2(以下、絆2)』について書いていきたい。

 本機は純増「約2.9枚」のAT「バジリスクタイム(以下、BT)」が出玉増加の軸となり、BT中のレア役から疑似ボーナス「バジリスクチャンス(以下、BC)」当選で出玉を増やしていくゲーム性だ。

 通常時はレア役からBC突入を目指すシンプルな仕様となり、当選時はモードや状態によってBT突入率が大きく変化する。

 実戦時のポイントは、『超高確率中の謎当り』、『弱チェリー(1/46.1 ~ 1/39.4)』、『BTシナリオが波乱or朝駆け・安定の比率で偶奇を判別』、『確定画面や演出』。この辺りに注目しながら打てば、高設定かどうかは掴めるはずだ。

 現役パチスロ機の中でも高い人気を誇る本機。筆者もお気に入りなのだが、今回は朝一からの実戦をご紹介したい。

 本機はBC確率が「1/139.4 ~ 1/110.2」と軽めなので、通常時も飽きずに打ち続けられる。この日も、打ち始めて69Gで低確の強チェリーからBCをゲット。一発目のBCはスルーしたが、235Gで『駿府城』に移行した。BC当選でBT突入にも期待ができるステージである。

 そのまま無事BCに当選し、「246撃破(設定:2or4or6)」確定演出が発生した。設定には期待していなかったが、これは気合を入れて打つことができる。その後、BTにも突入し、幸先の良いスタートを切ることができたのだが…。

 特に伸ばすことができず、一発目のATは「135枚」で終了。その後、「63G → BC当選」「22G → BC当選 →BT突入」「109G → BC当選」「108G → BC当選 → BT突入」「39G → BC当選 → BT突入」という展開だった。

 割とBTは引けているものの、100枚~400枚程度の出玉しか獲得できず、増えては飲まれるの繰り返しだった。

 次に引いたBCは768G。大ハマリを食らってしまい、投資が嵩んでしまう。BTを射止めるも595枚獲得で終了…。さすがに続行するか悩んだが「もう一発BT引くまで続けよう」と決意した。

 その後は、BC3スルーからBTに当選するも、481枚獲得して終了。「謎当り0」「弱チェリー:1/49.4(設定1以下)」という点から、『設定2』と判断して実戦終了となったのである。

 持ちメダルは600枚程。適当な台で消化していたのだが、左隣の絆2が空いたので「もう一発勝負しよう」と決意し着席した。

 30GでBCにヒットするもBTスルー。しかし、562Gに突如「狙えカットイン」が発生した。瞳術図柄が揃い、通常時からの「月下殲滅」を射止めたのだ。7個のストックを獲得して、いざBTへ突入。

パチスロ6号機で「軽く完走」…マイナス状態を救う「一撃トリガー」の引き金は!?の画像2

 朧チャンスなどには突入しなかったものの、適度にBCを引き続けあっさり完走を達成した。見事勝利を収めることができた満足の実戦である。

 結果:投資1400枚、回収2000枚

(文=ひろ吉)

<著者プロフィール>

 IT業界の世界に興味を抱き、iPhoneアプリの開発を4年程経験。その後、WEBマーケティングの知識や経験を重ねてきた。パチンコ・パチスロのヘビーユーザーであり、機種のスペック等の研究に時間を注いでいる。現在はパチMAXにて、パチンコやスロットの考察記事・実戦記事をメインに作成中。自身が好む低純増・低ベース機の動向にも注目している。

【注目記事】

パチスロ6号機史上最も「遊びやすい」破格の初当り確率! 全8種類の「演出カスタム」も魅力

パチスロ「投資4000枚」の大惨事!? 5号機屈指の「荒波マシン」で悲劇到来…

パチンコ「一撃1万発オーバー」も期待の激アツ!「大量出玉」を呼び込む「ダイナミックな役物冒険劇」に夢中!!

パチンコ新台「12万発マシン」に続く爆速モンスターが間もなく爆誕!「1/199×95%継続」の最強タッグに熱視線!!【新台分析-パチンコ編-】

パチスロ6号機で「軽く完走」…マイナス状態を救う「一撃トリガー」の引き金は!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!