NEW

JRA クイーンS(G3)川田将雅ドナアトラエンテは「消し」! 函館開催Bコース替わりでイン強襲狙う「◎」は……

JRA クイーンS(G3)川田将雅ドナアトラエンテは「消し」! 函館開催Bコース替わりでイン強襲狙う「◎」は……の画像1

 今年も早いもので、もう8月。1日、中央競馬では牝馬限定重賞のクイーンS(G3)が行われる。

 通常、札幌競馬場で行われるクイーンSだが、今年は東京オリンピックの影響で函館開催。頭数は12頭と少ないが、メンバー的には一長一短で難解なレースとなっている。

 函館の芝1800mといえば巴賞(OP)が行われるコースだが、スタートから1コーナーまでの距離が短く2ハロン目がコーナー。通常、最もペースが上がりやすいところがカーブとなるためペースは上がりにくく、先行馬が有利になりやすい傾向がある。

 とはいえ、洋芝で馬場は重く、スピードだけでは押し切れない舞台。逃げ馬の複勝回収率が極端に低く、ペース次第では差し・追込馬にもチャンスは生まれそうだ。

■巴賞(過去10年)の脚質傾向(着度数、複勝率、複勝回収率)
平地・逃げ【2-1-0- 8/11】 27.3% 42%
平地・先行【5-5-5-22/37】 40.5% 98%
平地・差し【0-4-5-29/38】 23.7% 82%
平地・追込【2-0-1-22/25】 12.0% 89%
平地・捲り【1-0-0- 0/ 1】100.0% 170%

 また、枠番傾向は内外フラット。今週からBコース替わりとなることを踏まえれば、若干内が有利になると考えたい。

■巴賞(過去10年)の枠番傾向(着度数、複勝率、複勝回収率)
1枠【3-0-0- 8/11】27.3% 155%
2枠【1-1-1- 9/12】25.0% 45%
3枠【1-2-0- 9/12】25.0% 73%
4枠【1-0-1-10/12】16.7% 90%
5枠【1-0-1-11/13】15.4% 32%
6枠【1-2-3-10/16】37.5% 134%
7枠【0-2-3-13/18】27.8% 61%
8枠【2-3-2-11/18】38.9% 98%

 今回は、以上の内容を考慮して予想を組み立てた。

「◎」は、3番フェアリーポルカ

 近2走は相手関係などを考慮してダートを使われたようだが、過去の重賞2勝は芝1800m。本質的には芝向きで、昨年のクイーンSでも6着と健闘したように実力は確かだ。

 昨年の同レースは通常通りの札幌開催であったが、フェアリーポルカより後ろにいた差し馬が4着までを独占。札幌で行われた際の同レース過去10年(函館開催の2013年を除く)を振り返っても差し馬が複勝回収率「119%」と先行馬の「49%」を大きく上回っており、先行力のあるフェアリーポルカにとって函館コースに替わることはプラスとなるだろう。

 陣営は「前走を使い身体が締まりましたし、気合乗りもよくなっていますよ」と話しており、状態面も上向き。乗り慣れた和田竜二騎手から三浦皇成騎手に乗り替わるが「癖がない馬なので、騎手変更も問題ないと思います」と意に介さない様子だ。

 内目の3枠3番も、先行するには絶好枠。ロスのない立ち回りができれば、昨年以上の成績が期待できると見た。

JRA クイーンS(G3)川田将雅ドナアトラエンテは「消し」! 函館開催Bコース替わりでイン強襲狙う「◎」は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!