NEW

JRA【レパードS(G3)展望】主役はルメールの進言「ガン無視」のルコルセール!? ダート無敗の大器が“限界”超えに挑戦!

 血統的に高い期待を背負っているのはホッコーハナミチ(牡3歳、栗東・長谷川浩大厩舎)だ。

 デビューは今年2月と遅かったが、約5か月間ですでに7戦をこなしている。前走のインディアトロフィー(2勝クラス)は好位インをうまく立ち回って、このクラス3戦目で勝ち上がった。

 父はダートG1通算10勝のホッコータルマエ。その父は3歳時にレパードSで重賞初制覇を遂げ、その後の出世につなげた。

 デビュー2戦目から手綱を取り続けている浜中俊騎手は前走後「このような速い時計が向く馬ではありませんが、そこを勝ち切るのですから、能力は高いです」と絶賛。父の初年度産駒が、父と同じ舞台で重賞初制覇を狙う。

 3頭以外には、前走インディアトロフィーでホッコーハナミチに3/4馬身差の2着に入ったレプンカムイ(牡3歳、栗東・橋口慎介厩舎)。ダート転向後は3戦2勝で、勝った2戦は10馬身差、7馬身差と圧勝しているオセアダイナスティ(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎)も虎視眈々。

 他にも4戦3勝のハンディーズピーク(牡3歳、栗東・大久保龍志厩舎)、6戦2勝、2着4回と堅実なディールクルム(牡3歳、美浦・田村康仁厩舎)らが出走を予定している。

 レパードSは8日15時45分に発走予定だ。

JRA【レパードS(G3)展望】主役はルメールの進言「ガン無視」のルコルセール!? ダート無敗の大器が“限界”超えに挑戦!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!