NEW

かつての「最強世代」筆頭候補が転落一途の波乱万丈!? 低迷続いた「21連敗」から3年ぶりの美酒、憧れ舞台ダービーと同じ距離でスランプに終止符!

【この記事のキーワード】, ,

かつての「最強世代」筆頭候補が転落一途の波乱万丈!? 低迷続いた「21連敗」から3年ぶりの美酒、憧れ舞台ダービーと同じ距離でスランプに終止符!の画像1

 1日、JRAでは牝馬の重賞・クイーンS(G3)が函館競馬場で開催。C.ルメール騎手のテルツェットが1番人気マジックキャッスルをクビ差で破って勝利した。

 東京オリンピック開催の関係で2場開催ということもあり、この日の重賞はクイーンSのみと、少々物足りなさを感じる週末でもあった。

かつての「最強世代」筆頭候補が転落一途の波乱万丈!? 低迷続いた「21連敗」から3年ぶりの美酒、憧れ舞台ダービーと同じ距離でスランプに終止符!の画像2
ロードクエスト 競馬つらつらより

 そんな中、函館から近い岩手の盛岡競馬場で行われた交流重賞・せきれい賞では、8歳馬ロードクエスト(大井・渡辺和雄厩舎)が地方移籍2戦目で早速の勝利を挙げた。

 2月の小倉大賞典(G3)10着を最後に地方に移籍したロードクエスト。初戦の大井記念(S1)では9番人気で13着と振るわず、キャリア初のダートに能力を発揮することが出来なかった。

 しかし、一転して芝のコースに戻った2戦目では、別馬のような鮮やかな勝利を披露した。やはりJRA在籍時に重賞3勝を挙げた芝でこそ、本来のパフォーマンスを発揮することが出来たのだろう。

 2018年のスワンS(G2)で安田記念馬モズアスコットを破った実力馬も、この勝利を最後に21連敗と勝利から遠ざかっていた。

 遡ること6年前、15年6月に東京でデビュー勝ちしたロードクエスト。2戦目の新潟2歳S(G3)を4馬身差で大楽勝して評価はうなぎ上りとなる。M.デムーロ騎手とのコンビで挑んだ暮れのホープフルS(G2・当時)は、単勝1.9倍の断然人気に支持された。

 このレースを勝って堂々のクラシック最有力候補に名乗りを上げたかったロードクエストだが、先に抜け出したハートレーを捕らえることが出来ずに1馬身1/4差で初の敗戦。それどころか、次走のスプリングS(G2)でも単勝1.7倍に推されながら3着に敗れてしまう。

 NHKマイルC(G1)こそ2着に健闘したものの、皐月賞(G1)で8着、日本ダービー(G1)で11着と、かつてのクラシック候補としては残念な結果に終わった。この年の牡馬クラシックは皐月賞馬ディーマジェスティ、ダービー馬マカヒキ、菊花賞馬サトノダイヤモンドの三強が覇を争った世代。これ以外にもリオンディーズやエアスピネルら伏兵陣も粒揃いで、当時は最強世代の呼び声もあったほどハイレベルの激戦を繰り広げていた。

 一方のロードクエストはダービーの惨敗を機に短距離中心のローテーションに路線を変更。秋の京成杯AH(G3)を勝利したものの、G1タイトルには縁がないまま地方への移籍という結果に落ち着いた。

 そして迎えた芝2400mのレース。3歳時に憧れたダービーの舞台と同じ距離であり余るスピードを披露し、道中で中団外目から一気に先頭を奪い切るとそのままゴールまで押し切っての勝利。振り返れば最後の勝利を挙げたスワンSから約3年ぶりの美酒だった。

 陣営が懸念した距離の不安も一蹴した勝利に、コンビを組んだ山崎誠士騎手は「やはり馬の力がね、強かったですね」と高い評価。次走も芝のOROカップを予定しているとのこと。

 輝きを取り戻した地方の芝の舞台。次はどのようなレースを見せてくれるだろうか。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

かつての「最強世代」筆頭候補が転落一途の波乱万丈!? 低迷続いた「21連敗」から3年ぶりの美酒、憧れ舞台ダービーと同じ距離でスランプに終止符!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?