NEW

パチスロ「設定6」で大苦戦!?「人気No.1」マシンの“底力”を…

パチスロ「設定6」で大苦戦!?「人気No.1」マシンの底力を…の画像1

 世間ではオリンピックが大きな盛り上がりを見せている。日本勢が奮闘し、メダルラッシュとなっているようだ。

 その煽りか「負けられない戦い」というワードを見る機会が増えた印象だが、我らパチスロユーザーにも「負けられない戦い」は存在する。

 何を隠そう、筆者は直近の「戦い」において「設定6を掴むも2連敗」という無惨な結果に終わっているのだ。月間でもマイナスを叩いているため、次戦は「負けられない戦い」となる。

 7月28日。明朝、某ホールでは旧イベント日とあって約300人がスタッフの指導の元に整列していた。筆者の抽選番号は49番。狙い台も視野に入る悪くない順番だ。

 第1希望は『パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル』の角台。同ホールでは本機に力を注いでいる印象で、平日であっても稼働は高い。

 旧イベント日や新装開店では別積みしている場面も珍しくなく、特に中よりも「角」や「角2」といった端の台にAT当選履歴が多い傾向があるのだった。

 入場すると同機種の島には一番乗りであったようで、難なく狙い台を確保。早速プレイを開始していく。

 本機の設定推測要素はクライマックスバトル(CB)やATの終了画面、さらにモード移行率やAT当選率、有利区間引き継ぎの確率などから予想を立てていく形となる。

 示唆画面などは出現率が低いため、主にモード移行とAT当選率で様子を見るパターンが多いが、今回は様子が違った。

パチスロ「設定6」で大苦戦!?「人気No.1」マシンの底力を…の画像2

 プレイから30分足らず、開始1回目のCBで敗北すると、なんと「設定6濃厚」となる終了画面が出現。設定推測には時間がかかると踏んで身構えていたが、嬉しい誤算だ。

 次の有利区間では天国モード94GでAT直撃という如何にも最高設定らしい挙動を見せ、ここからの大量出玉を予感させた。

パチスロ「設定6」で大苦戦!?「人気No.1」マシンの“底力”を…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合