NEW

JRA和田竜二の「憂鬱」な週末!? 悪癖治らぬシゲルピンクダイヤと最強候補の同期、クイーンS(G3)お手馬2頭が揃って敗退は選択ミス?

JRA和田竜二の「憂鬱」な週末!? 悪癖治らぬシゲルピンクダイヤと最強候補の同期、クイーンS(G3)お手馬2頭が揃って敗退は選択ミス?の画像1

 1日、函館競馬場で行われたクイーンS(G3)。今年で第69回を迎えた牝馬重賞はC.ルメール騎手のテルツェットがマジックキャッスルを破って優勝した。

 バカンスからの“休み明け”だったルメール騎手が、貫録の違いを見せつける好騎乗で初コンビのテルツェットを勝利に導いた一方で、和田竜二騎手がそのキャリアで大多数の手綱を取ってきたお手馬の2頭は揃って冴えない結果に終わった。

 クイーンSに出走したお手馬は、シゲルピンクダイヤ(牝5、栗東・渡辺薫彦厩舎)とフェアリーポルカ(牝5、栗東・西村真幸厩舎)の2頭。和田竜騎手はシゲルピンクダイヤに騎乗し、三浦皇成騎手がフェアリーポルカに騎乗となり、結果的にお手馬が分かれての対決となった。

JRA和田竜二の「憂鬱」な週末!? 悪癖治らぬシゲルピンクダイヤと最強候補の同期、クイーンS(G3)お手馬2頭が揃って敗退は選択ミス?の画像2

 いずれも和田竜騎手とのコンビで重賞好走の実績があったが、今回はヴィクトリアマイル(G1)で5着に健闘したシゲルピンクダイヤを優先する格好だったのかもしれない。

 しかし、4番人気に支持されながらも能力を発揮できないまま、10着に大敗してしまった。

 陣営がレース前に「勝負どころでモサモサするから小回りがどう出るか。本当にそこだけ」と懸念していた上、シゲルピンクダイヤ自身これまでも右回りではモタれる“悪癖” を見せていた馬。レースでも案の定、1コーナーから内にささり通しだったと、和田竜騎手も振り返った。

 馬の雰囲気はよく、道中は「無理せずいいポジションが取れた」まではよかったが、ローカル特有の小回りコースと右回りを克服するには至らなかった。

 そんなシゲルピンクダイヤに対し、もう1頭のお手馬フェアリーポルカもまた4着と物足りない結果。騎乗した三浦騎手は「思い描いたレースができました」と胸を張ったものの、ゴール前で内へ切れ込んでインを突こうとしたイカットの進路をカット。

「他馬がもたつくところで、いかにセーフティリードを取れるか」と早めに仕掛けたことが、結果的に後続馬に有利な展開となっての惜敗には批判的な声も……。フェアリーポルカに期待したファンからは「和田竜騎手が乗っていれば」と残念がる意見もあった。

 仮に和田竜騎手がフェアリーポルカに騎乗していたとしても、どのような結果になったのかは分からないが、いずれにせよ和田竜騎手にとっては残念な一日となってしまった。

「最強の1勝馬」と呼ぶ声もあるシゲルピンクダイヤだが桜花賞2着、秋華賞3着と気を吐いた3歳時の活躍に比べると物足りなさを感じざるを得ない現状。同世代のグランアレグリア、ラヴズオンリーユー、クロノジェネシスが今もなお現役最強の座を争っていることを思うと、そろそろ「早熟馬」だったのではないかと囁かれても仕方がないだろう。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA和田竜二の「憂鬱」な週末!? 悪癖治らぬシゲルピンクダイヤと最強候補の同期、クイーンS(G3)お手馬2頭が揃って敗退は選択ミス?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!