NEW

JRA 武豊の兄弟子が「警鐘」鳴らした高速馬場の弊害! 条件戦でもレコード多発の異常さを危惧、アグネスタキオン主戦騎手が指摘した近代競馬の問題点とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊の兄弟子が「警鐘」鳴らした高速馬場の弊害! 条件戦でもレコード多発の異常さを危惧、アグネスタキオン主戦騎手が指摘した近代競馬の問題点とはの画像2

 しかし、18年にアーモンドアイがこれを1秒以上も縮める世界レコード2分20秒6で勝利。驚異的なレコードを出したアーモンドアイは見事だが、6着馬までの走破時計がアルカセットの時計より速かったことは、改めて高速馬場への問題を浮かび上がらせた。

 また、このレースには前年の愛ダービー馬カプリをはじめ欧州からの実績馬が2頭出走していたが、共に惨敗した。カプリの鞍上R.ムーア騎手は、「とにかく馬場ですね。これだけ時計が速過ぎては、対応できませんでした」と日本特有の異常な高速馬場に敗因を求めていた。

 勿論、良好な馬場コンディションは、馬場造園課による努力の賜物ではあるのだが、海外の関係者から日本の特殊な馬場を嫌ってジャパンC参戦を見送る一因ともなっているのではないだろうか。その影響かどうかは不明だが、翌年のジャパンCは史上初となる外国馬出走ゼロともなっている。

 国際レースのジャパンCに外国馬の来日が減る一方で、多くの外国人騎手が短期免許を取得して、日本で騎乗するケースは増えている。現在はコロナ禍の状況もあって、自粛ムードが強くなっているが、収束した頃には再び来日するだろう。

 馬場の高速化が外国馬をジャパンC参戦から遠ざけ、日本人騎手技量低下と無関係でないとすれば、こういった弊害は一刻も早い対策が求められるのではないか。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

JRA 武豊の兄弟子が「警鐘」鳴らした高速馬場の弊害! 条件戦でもレコード多発の異常さを危惧、アグネスタキオン主戦騎手が指摘した近代競馬の問題点とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!