NEW

JRA川田将雅が、福永祐一が絶賛した「大器」の今……サトノウィザード&ヴェロックスに課せられた2年越しの命題

JRA川田将雅が、福永祐一が絶賛した「大器」の今……サトノウィザード&ヴェロックスに課せられた2年越しの命題の画像1

 先週1日、新潟競馬場で行われたメインレース・関越S(OP)は、2番人気のサトノウィザードが豪快に大外から突き抜けて勝利した。

 レース後、鞍上の福永祐一騎手が「重賞でも勝てる素質があると思う」とコメントした通り、好メンバーの集った一戦を制したことで、5歳にしていよいよ重賞初制覇に王手をかけたと言っても過言ではないだろう。

JRA川田将雅が、福永祐一が絶賛した「大器」の今……サトノウィザード&ヴェロックスに課せられた2年越しの命題の画像2

 その一方で、こちらも長く重賞初制覇を待たれている存在がいる。15日の小倉記念(G3)へ出走を予定しているヴェロックス(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 皐月賞(G1)2着に、日本ダービー(G1)3着、菊花賞(G1)3着。主戦だった川田将雅騎手が「全体的に素晴らしい馬」と称賛したように、時代に恵まれれば三冠馬になっていたかもしれないヴェロックス。そんな大器が5歳を迎えて、G1制覇どころか、未だ重賞勝利にさえ手が届いていないのは意外と言えるだろう。

 実はこのサトノウィザードとヴェロックスが、ワンツーゴールしたことがあるのをご存知だろうか。

 2019年の1月に行われた若駒S(L)。過去の勝ち馬にトウカイテイオーやディープインパクト、マカヒキなどが名を連ねる3歳クラシックの登竜門である。1着馬にしか収得賞金が加算されないリステッド競走だけに「勝つ」ことが極めて重要な一戦だった。

 この年、8頭立てで行われた若駒Sで、単勝2.6倍の2番人気に支持されたのがヴェロックスだった。サトノウィザードに至っては、単勝1.9倍の1番人気とヴェロックスを超える支持を集めている。

 結果は、ヴェロックスが勝って収得賞金の加算に成功。クラシック出走の切符を手中に収める。結果、この年の三冠レースすべてで好走し、世代トップクラスへ大きく羽ばたいている。

 一方、2着に敗れて賞金の加算に失敗したサトノウィザードはその後、自己条件でも躓き、クラシックに出走することすら叶わなかった。もし、あの若駒Sを勝ち切っていれば、少しは違った未来があったかもしれない。

 だが、実はこの若駒Sを巡る物語はこれだけでは終わらない。

JRA川田将雅が、福永祐一が絶賛した「大器」の今……サトノウィザード&ヴェロックスに課せられた2年越しの命題のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!