NEW

JRA武豊「1番いい馬だと思った」期待の大器がついに復帰! 早過ぎるリーディング陥落に「騎乗停止」が決定打!? 札幌記念(G2)に超豪華メンバーが集結【週末GJ人気記事総まとめ】

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「1番いい馬だと思った」大器がついに復帰! 早過ぎるリーディング陥落に「騎乗停止」が決定打!? 札幌記念(G2)に超豪華メンバーが集結【週末GJ人気記事総まとめ】の画像3
ソダシ 撮影:Ruriko.I

JRA「G1馬5頭」がズラリ! 白毛のアイドルソダシVSラヴズオンリーユーの女王対決にも注目、アーモンドアイの母も制した札幌記念(G2)に超豪華メンバーが集結

ライター「A」:22日に行われる札幌記念(G2)ですが、今年もG1馬5頭を始めとした好メンバーが出走予定です。

デスク「Y」:G1馬5頭といっても、実質は桜花賞馬のソダシと復活したラヴズオンリーユーの一騎打ちムードって感じだな。カフェファラオは前走を見る限り、やっぱり芝は厳しそうだし……。

ライター「A」:かもしれませんが、残りのブラストワンピースは一昨年の覇者ですし、ペルシアンナイトは昨年の2着馬と、この舞台の適性は折り紙付きです。

デスク「Y」:そう考えると、確かに馬券的には楽しめるのかな。個人的にはトーセンスーリヤに注目してるね。前走の函館記念(G3)は楽勝だったし、洋芝適性はかなり高そう。

ライター「A」:3馬身差の完勝でしたね。ただ、どうやらここではなく新潟記念(G3)に回るみたいですね。

デスク「Y」:ええっ! なんで!?

ライター「A」:おそらく主戦の横山和生騎手が、札幌記念ではトーラスジェミニに騎乗するからだと思います。

デスク「Y」:先約の可能性が高いってわけか。それにしても、それで今や重賞ホースのトーセンスーリヤが新潟記念に回るって、横山和騎手も出世したなあ。というか、サマージョッキーズシリーズ狙えるんじゃない?

ライター「A」:現在、首位の鮫島克駿騎手とは8pt差の3位ですね。函館記念を勝っているので優勝条件は満たしていますが、逆転のカギを握るのが、まさにトーラスジェミニとの札幌記念だと思います。

デスク「Y」:なるほどね。横山和騎手も当然一発を狙ってくるだろうな。和生がサマージョッキーズシリーズ獲って、WASJ(ワールドオールスタージョッキーズ)に出場なんて胸アツ……!!

ライター「A」:WASJ、やりませんよ……コロナ禍ですし。

デスク「Y」:え?

ライター「A」:そもそも、サマージョッキーズシリーズの優勝騎手が出られるなんて、いつの話をしてるんですか。

デスク「Y」:またまたあ(笑)。

ライター「A」:ダメだ……この人、完全に暑さにやられてるわ。


 さて、今週も毎度バカバカしいお話にお付き合いいただきありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。
(構成=編集部)

JRA武豊「1番いい馬だと思った」期待の大器がついに復帰! 早過ぎるリーディング陥落に「騎乗停止」が決定打!? 札幌記念(G2)に超豪華メンバーが集結【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?