NEW

JRA【関屋記念(G3)展望】「三度目の正直」果たすのは……ソングライン池添謙一VSグランデマーレ藤岡佑介!1年越しリベンジに燃える岩田望来アンドラステも虎視眈々

【この記事のキーワード】, ,
JRA【関屋記念(G3)展望】「三度目の正直」果たすのは……ソングライン池添謙一VSグランデマーレ藤岡佑介!1年越しリベンジに燃える岩田望来アンドラステも虎視眈々の画像1
ソングライン 撮影:Ruriko.I

 15日、新潟競馬場ではサマーマイルシリーズ第3戦、関屋記念(G3)が開催される。今年は3歳から7歳までの5世代からマイラーが集結。実力伯仲の楽しみな一戦となりそうだ。

 3歳世代から唯一出走を予定しているのがソングライン(牝3歳、美浦・林徹厩舎)だ。前走のNHKマイルC(G1)では、直線先に抜け出したが、ゴール前でシュネルマイスターと鼻面をそろえてのフィニッシュ。僅かにハナ差で2着に敗れた。

 ソングライン陣営にとって口惜しかったのは、3角で外に振られるロスがあったこと、そして直線最後の最後で内にもたれてしまったこと。この2つがなければ、シュネルマイスターを凌いでいた可能性もある。2走前の桜花賞(G1)でも致命的な不利を受けて惨敗しており、まともに走れば世代屈指のマイラーになり得る存在だ。

 もちろん古馬とは初対戦になるが、軽斤量も手伝って、有力候補の1頭としてレースに向かうことになりそうだ。3歳牝馬は2018年にプリモシーンが1番人気に応え、優勝しているのも心強い。

 鞍上は池添謙一騎手が桜花賞から3戦連続で騎乗予定。2戦続けて悔しい思いをしているだけに“三度目の正直”で狙うは1着のみだ。

 4歳世代の代表格はグランデマーレ(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)だ。

 その評価が怪しくなりつつあるコントレイル世代。この世代最後の秘密兵器とも評される同馬が2度目の重賞挑戦を迎える。

 2歳秋に新馬戦、葉牡丹賞(2歳1勝クラス)を連勝し、クラシック戦線に名乗りを挙げたグランデマーレ。しかし、直後に骨折が判明し、復帰したのは3歳秋になってから。2戦2勝で臨んだ神戸新聞杯(G2)では、10か月ぶりというブランク明けにもかかわらず、コントレイルに次ぐ2番人気に支持された。4角2番手で粘り込みを図ったが失速し、4秒4差の17着に敗れた。

 その後はマイル路線に転向。鷹巣山特別(2勝クラス)こそ11着に敗れたが、2連勝で一気にオープン入りを果たした。今後はマイル重賞路線での活躍が期待されるが、左回りコースの克服が課題の一つ。これまで右回りでは4戦4勝だが、左回りの2戦はどちらも2桁着順に沈んでいる。左回り“三度目の正直”で苦手意識を払拭しておきたいところだろう。

 鞍上はデビューから全てのレースで手綱を取っている藤岡佑介騎手。父の管理馬でG1制覇という“夢”を叶えるためにもここで負けるわけにはいかない。

JRA【関屋記念(G3)展望】「三度目の正直」果たすのは……ソングライン池添謙一VSグランデマーレ藤岡佑介!1年越しリベンジに燃える岩田望来アンドラステも虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?