NEW

JRA相次ぐ調教師の「不祥事」がリーディング争いにも影響!? 勝ち数を倍増させた春G1・2勝トレーナーに思わぬ「棚ぼた」効果

【この記事のキーワード】, ,

JRA相次ぐ調教師の「不祥事」がリーディング争いにも影響!? 勝ち数を倍増させた春G1・2勝トレーナーに思わぬ「棚ぼた」効果の画像1

 8日に2021年の函館競馬開催が終了した。函館開催リーディングジョッキーは、15勝をあげた横山武史騎手が2年連続獲得する結果となった。

 一方、調教師部門は6名が4勝で並んでいたが、2着数で上回った手塚貴久調教師が初めて函館リーディングトレーナーに輝いた。

 手塚師と言えば、今春のNHKマイルC(G1)をシュネルマイスター、オークス(G1)をユーバーレーベンで制するなど、今年G1を2勝しているトップトレーナーだ。函館リーディング獲得についても特段驚くほどでもない。

 しかし、今回のリーディング獲得については一概に手塚厩舎だけの活躍とは言えなさそうだ。実は今年上げた函館4勝のうち、半数にあたる2勝は手塚厩舎の馬“ではない”からだ。

 手塚厩舎は、昨年11月に管理馬から禁止薬物が検出された件で調教停止処分を受けた大竹正博厩舎の管理馬を、6月24日から今月23日まで一時的に引き受けている。そのため、当該期間は大竹厩舎の所属馬が手塚厩舎に在籍することとなり、レースに出走する際も手塚厩舎の馬として出走する。そして、先ほど述べた2勝は、元大竹厩舎の管理馬であった。

 大竹師の件については、警視庁協力のもと調査を続けてはいるが、現在まで原因究明に至っていない。その状況下でJRAは大竹師へ調教停止処分を課し、大竹厩舎管理馬を日本調教師会関東本部長の手塚師へ転厩させた。思わぬ「大竹効果」で勝ち数が倍増した手塚師にとっては、棚ぼた的な函館リーディングともいえるだろうか。

 手塚師同様に他厩舎の管理馬を引き受け、恩恵を受けたのが岩戸孝樹調教師だ。岩戸師は、木村哲也調教師がパワハラ疑惑で罰金刑の略式命令を受けた関係で、木村師の管理馬を預かっている。

 岩戸師は、木村師管理馬転厩以前は今年4勝であったが、転厩後は7勝。開催4日で3勝と一気に勝ち星を積み重ねることとなった。3勝のうち2勝は木村師から引き継いだ馬であるため、成績面からは確実に木村師からの恩恵を受けたことになる。

 また、調教停止処分による転厩馬がG1を勝ったケースもある。18年に道路交通法違反で調教停止処分を受けた角居勝彦元調教師は、自身の管理馬が日本調教師会関西本部長の中竹和也厩舎へ転厩することとなった。中竹厩舎へ転厩した馬の中には、後の皐月賞馬(G1)サートゥルナーリアがおり、中竹厩舎在籍中にホープフルS(G1)を勝利した。

 手塚厩舎への大竹師管理馬転厩は間もなく終わりとなるが、それまでに大竹厩舎の有力馬が軒並みレースへ出走する予定だ。大竹師へ初G1をプレゼントしたブラストワンピースは札幌記念(G2)へ、薬物騒動の主役ながら前走を圧勝したソーヴァリアントは15日札幌12Rへ出走する見込みだ。

 このような過去の例から調教停止処分中に管理していた馬が走るケースは珍しくない。ソーヴァリアントに加え、ブラストワンピースが昨年1月以来の勝利を上げるようなことがあれば、大竹師にとっては複雑な心境だろう。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

JRA相次ぐ調教師の「不祥事」がリーディング争いにも影響!? 勝ち数を倍増させた春G1・2勝トレーナーに思わぬ「棚ぼた」効果のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】