NEW

パチスロ「現役最強」激甘マシンの後継機が始動!「目押し上級者」たちに朗報!!

パチスロ「現役最強」激甘マシンの後継機が始動!「目押し上級者」たちに朗報!!の画像1

 今ではすっかり定着した、出玉誘発機能のひとつ「ART」。リール配列上、同時フォローが不可能な小役をナビする「AT」と、リプレイ確率が変動する「RT」を融合した、このARTはかつて「AR」と呼ばれ、記念すべき初採用機はサミーの4号機『ディスクアップ』であった。

 2000年に誕生した『ディスクアップ』は、ビッグ終了時の2分の1でARへ突入。継続ゲーム数は50G、100G、200G、2000Gの4種類で、この間に引き当てたビッグはATが伴うことでハイパービッグが発動する。
 
 通常時に引いたノーマルビッグ中は15枚役成立時に中リールのビタ押しに成功すると、左リールに狙う絵柄が3択から2択へ変化。この技術介入要素と秀逸な出目、「エイリやん」が出現することで2000G継続するARの破壊力に魅了されたファンは多く、4号機時代における名機のひとつとして語り継がれている。

 衝撃のデビューから18年後の2018年には、5号機として『パチスロディスクアップ』が登場した。

 ボーナスは同色ビッグ、異色ビッグ、REGの3種類、ARTはダンスタイムとDJゾーンの2種類を搭載しており、ビッグ当選時は約50%でダンスタイムに当選。通常時の同色ビッグ中は初代と同じく中リールのビタ押しを駆使することでDJゾーンのゲーム数が加算され、このビタ押しが完璧であれば設定1でも機械割は103%に達する。

 同社の『パチスロガメラ』、エレコの『新ハナビ』など激甘スペックマシンは6号機へ移行してもリリースされているが、この甘さは既存機屈指。それ故、プロ御用達マシンとして今なお重宝され続けているのである。

 ただ、再延長が認められたとはいえ、旧規則機は2022年1月31日で全て撤去される。無論、この『パチスロディスクアップ』も例外ではないわけだが、どうやら撤去のタイミングには新たな『ディスクアップ』が登場しそうである。

 各業界メディアによると、サミーの『Sディスクアップ2 ZF』がこのほど、検定を通過したというのだ。

パチスロ「現役最強」激甘マシンの後継機が始動!「目押し上級者」たちに朗報!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合