NEW

JRA武豊まさかの「騎乗停止」…池添謙一の騎手人生を分けた13年前の夏。自身の「営業力」で掴んだグランプリ連覇、そしてオルフェーヴルとの三冠制覇へ

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊まさかの「騎乗停止」…池添謙一の騎手人生を分けた13年前の夏。自身の「営業力」で掴んだグランプリ連覇、そしてオルフェーヴルとの三冠制覇への画像1

 JRAのG1・26勝を誇る池添謙一騎手は、競馬ファンはもちろん、多くの関係者からも現役屈指の勝負強さを持つジョッキーとして知られている存在だ。

 実際にここ2年のG1制覇はマイルCS(G1)のインディチャンプ、安田記念(G1)のグランアレグリアと、いずれも代打騎乗。これも各陣営が池添騎手の勝負強さを見込んで、ここ一番で抜擢した結果である。

 そんな池添騎手のベストパートナーといえば、やはり史上7頭目の三冠馬オルフェーヴルの名が真っ先に挙がるだろう。あの時代の池添騎手は、まさに競馬界の中心にいた。

 しかし、振り返ってみると池添騎手がデビュー戦からオルフェーヴルの鞍上に抜擢されたのは、兄ドリームジャーニーの主戦を務めていたからに他ならない。つまり、池添騎手の騎手人生の分水嶺となったのはオルフェーヴルではなく、厳密に言えばドリームジャーニーとの成功なのである。

 だが、実は本来であれば池添騎手がドリームジャーニーの主戦を務める予定がなかったことは、あまり知られていない。

JRA武豊まさかの「騎乗停止」…池添謙一の騎手人生を分けた13年前の夏。自身の「営業力」で掴んだグランプリ連覇、そしてオルフェーヴルとの三冠制覇へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合