NEW

JRA【札幌記念(G2)展望】白き女王ソダシVS最強世代ラヴズオンリーユー! 真夏の祭典で“G1牝馬”の一騎打ち!

【この記事のキーワード】, ,
JRA【札幌記念(G2)展望】白き女王ソダシVS最強世代ラヴズオンリーユー! 真夏の祭典でG1牝馬の一騎打ち! の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 22日、札幌競馬場では“真夏のスーパーG2”と呼ばれる札幌記念(G2)が行われる。G1に匹敵するメンバーがそろうことも多く、今年は4頭のG1ウイナーが出走を予定している。

 中でも最も注目されるのはG1・2勝馬のソダシ(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だろう。

 昨年7月に函館でデビュー戦勝利を飾ると、無傷の5連勝で桜花賞(G1)を制覇。そのうち2戦目の札幌2歳S(G3)と桜花賞はレコード勝ちだった。

 無敗で牝馬2冠を狙った5月のオークス(G1)。それまで3倍を切ることがなかった単勝オッズは、なんと1.9倍。血統的に距離不安を抱えながらも、多くのファンはソダシの勝利を確信していた。

 しかし好スタートを切ったソダシと鞍上の吉田隼人騎手に待ち受けていたのは、他陣営からの徹底マーク。特に厳しかったのは、最初のコーナーで外から被せ気味にソダシを交わしていったステラリアと川田将雅騎手だろう。鞍上が手綱を引く形になったソダシは力んでしまったのか、2コーナーにかけて折り合いを欠いてしまう。

「2-4-5-6」というコーナー通過順を見ても分かるとおり、ソダシがチグハグな競馬を強いられたのは明らか。それでも直線は一瞬伸びるかに見えたが、最後は失速し8着に敗れた。

 オークス後は、6月に札幌記念への参戦プランが浮上。7月中旬に正式に参戦が決まると、同月22日に函館に入厩し、調整されてきた。デビューから2戦2勝と好走経験がある洋芝、かつオークスから2ハロンの距離短縮はソダシにとって大きなプラスとなるだろう。

 クロフネ産駒が2000m以上の平地重賞レースを勝利していない事実は重くのしかかるが、今後の路線を占う意味でも重要な一戦となりそうだ。

JRA【札幌記念(G2)展望】白き女王ソダシVS最強世代ラヴズオンリーユー! 真夏の祭典でG1牝馬の一騎打ち! の画像2

 そのソダシに立ちはだかる相手筆頭が同じくG1を2勝しているラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 2年前のオークスをデビュー4連勝で制したが、その後は2年近く勝つことができず。復活を果たしたのは今年2月の京都記念(G2)だった。

 有馬記念(G1)10着からの巻き返しを図ったラヴズオンリーユー。中団追走から、上がり最速の末脚を繰り出し、直線粘る僚馬のステイフーリッシュを差し切った。

 その後は自身初の海外遠征にも挑戦。3月のドバイシーマクラシック(G1)ではミシュリフ、クロノジェネシスと激しい追い比べを演じるも、「クビ+クビ」差の3着に惜敗した。

 4月には香港のクイーンエリザベス2世C(G1)に出走。出走馬7頭中4頭が日本馬というレースで3番人気に支持された。道中はちょうど中団の4番手を追走。4角手前までじっくり脚をため、鞍上のC.ホー騎手がゴーサインを送ると、これに鋭く反応。最後はグローリーヴェイズとデアリングタクトを力でねじ伏せた。

 管理する矢作調教師は「ドバイからは1頭となり調整が難しい中、たくましく成長してくれた」と愛馬の成長曲線に目を細めた。グランアレグリア、クロノジェネシスなど最強世代と呼び声が高い5歳牝馬を代表する1頭のラヴズオンリーユー。52kgのソダシに対し55kgを背負うが、そんな斤量差を差し引いても負けるわけにはいかない。

JRA【札幌記念(G2)展望】白き女王ソダシVS最強世代ラヴズオンリーユー! 真夏の祭典で“G1牝馬”の一騎打ち!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは