NEW

JRA【北九州記念(G3)展望】超速「坂路49秒0」モズスーパーフレアVS末脚「一級品」アウィルアウェイ! 夏の小倉で牝馬の熱い戦いが勃発!

JRA【北九州記念(G3)展望】超速「坂路49秒0」モズスーパーフレアVS末脚「一級品」アウィルアウェイ! 夏の小倉で牝馬の熱い戦いが勃発!の画像1

 22日、小倉競馬場ではサマースプリントシリーズ第4戦の北九州記念(G3)が行われる。同日に開催される札幌記念(G2)と同じく、このレースも上位を狙う有力馬には牝馬が目立つ。

 昨年の高松宮記念(G1)を繰り上がりで優勝したモズスーパーフレア(牝6歳、栗東・音無秀孝厩舎)。今年は3月の同レース5着から5か月ぶりの実戦復帰となる。

 1年前のこのレースでは56.5kgを背負い、馬体重も余裕残しのプラス14kg。いかにもスプリンターズS(G1)へ向けての叩き台という仕上げだった。それでも前半32秒4の超ハイラップを刻み、2着に粘り込んだ。この馬にとってカギは一つ。とにかくマイペースで行ききることができるかどうかだろう。

 6歳を迎えたが、相変わらず調教では好時計を連発している。2週前に栗東坂路でマークした49秒0はこの日の最速で、自己ベストに0秒1差という優秀な時計だった。

 1週前は「少し気合いをつけた」だけで50秒0をマーク。仕上がりは上々とみていいだろう。繰り上がり優勝した20年高松宮記念を最後に勝利から遠ざかっているが、持ち前のスピードを生かして、久々逃げ切り勝利を収めたい。

 アウィルアウェイ(牝5歳、栗東・高野友和厩舎)は、脚質的にモズスーパーフレアとは正反対。4角まで後方で末脚を温存し、直線に懸けるタイプである。

 1年前もこのレースに出走し、10番人気で3着に好走。続くスプリンターズSでも道中最後方から直線豪快に追い込んで3着に入っている。

 その後は3戦連続2桁着順と調子を落としていたが、ようやく復活の兆しを見せたのが前走のCBC賞(G3)。内と前が有利の高速馬場にもかかわらず、終始外々を通ると、直線でも外を伸びて上位2頭を追い詰めたところがゴールだった。

 アウィルアウェイにとって小倉1200mはベストの舞台といえるだろう。直線に坂があるコースよりも平坦、左回りよりも右回りがベター。また、前走のような高速馬場にも対応可能だ。

 モズスーパーフレアがハイラップを刻み、前崩れの展開になれば20年シルクロードS(G3)以来、1年半ぶりの重賞制覇も見えてくる。

JRA【北九州記念(G3)展望】超速「坂路49秒0」モズスーパーフレアVS末脚「一級品」アウィルアウェイ! 夏の小倉で牝馬の熱い戦いが勃発!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  6. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  9. JRAソーヴァリアント圧勝で、有馬記念(G1)「あの曲者」が急浮上!? エフフォーリア、タイトルホルダーの影に隠れた「第3の刺客」とは
  10. JRA【阪神JF(G1)展望】武豊×幸四郎「兄弟タッグ」でG1初挑戦、「3戦3勝」ウォーターナビレラを止めるのはM.デムーロかC.ルメールか!?