NEW

JRA「爆速の血」覚醒でハクサンムーン産駒が4馬身差の圧勝!「直線1000mの適性は高い」目指すは父娘アイビスサマーダッシュ制覇?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「爆速の血」覚醒でハクサンムーン産駒が4馬身差の圧勝!「直線1000mの適性は高い」目指すは父娘アイビスサマーダッシュ制覇?の画像1

 15日、新潟競馬場で行われた4R・3歳未勝利(芝1000m)は、5番人気のハクサンタマテバコ(牝3歳、美浦・武藤善則厩舎)が勝利。ハクサンムーン産駒は、これがJRA2勝目となった。

「スピードが違いましたし、スッと外を取れました」

 18頭立てで行われた新潟名物・千直の一戦。2枠3番から飛び出したハクサンタマテバコは抜群のダッシュ力でハナを奪うと、そのまま鞍上の武藤雅騎手とともに馬場の良い大外へ移動。外ラチを頼る“必勝策”で、最後は後続を4馬身突き放してゴールした。

 父は2013年のアイビスサマーダッシュ(G3)を制したハクサンムーン。2着から7着までを9番より外枠の馬が占めたレースで、不利な内枠から父譲りのスピードを見せつけた。

「非常に強い内容でした。今回が6戦目になりますが、脚元に不安があるので、これまではダートを使われてきました。ただ、武藤騎手が『未勝利戦のチャンスも少なくなったので』と話していた通り、今回は満を持しての芝挑戦。未勝利戦では力が違いましたね。

ハクサンタマテバコは父ハクサンムーンの初年度産駒になりますが、この世代で現在JRAに所属しているのはわずか3頭。ですがゲノムとハクサンハーバーに加え、今回本馬が勝利したことで、全頭勝ち上がったことになります」(競馬記者)

 ちなみにアイビスサマーダッシュを勝った種牡馬の産駒が新潟の千直を勝利したのは、これが史上初だ。

「今年で21回を迎えたアイビスサマーダッシュですが、牝馬が圧倒的な成績を収めており、牡馬の勝ち馬は歴代で7頭しかいません。ましてやG3なので、このレースを勝っただけで種牡馬入りするのは困難。そういった意味でも貴重な記録だと思います。

メジロマックイーンの3代天皇賞制覇ではありませんが、父の個性が代々受け継がれていくのもブラッドスポーツといわれる競馬の醍醐味の1つ。武藤騎手も『直線1000mの適性は高いと思います』と太鼓判を押していましたし、ハクサンタマテバコにはアイビスサマーダッシュでハクサンムーンとの父娘制覇を成し遂げてほしいですね」

 デビュー2戦目には不良馬場だったとはいえ、ダート1200mを前半32.8秒で通過するなど、非凡なスピードを見せていたハクサンタマテバコ。初勝利まで時間がかかったが、得意の千直で能力全開できれば、重賞制覇にも手が届くかもしれない。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA「爆速の血」覚醒でハクサンムーン産駒が4馬身差の圧勝!「直線1000mの適性は高い」目指すは父娘アイビスサマーダッシュ制覇?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?