NEW

JRA「武豊の法則」でブービー人気・スーパーフェザー3着激走! 過去4勝“好相性”小倉記念(G3)に「条件成立」で好走フラグは立っていた!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「武豊の法則」でブービー人気・スーパーフェザー3着激走! 過去4勝好相性小倉記念(G3)に「条件成立」で好走フラグは立っていた!?の画像1

 15日、小倉競馬場で行われた小倉記念(G3)は、松山弘平騎手の伏兵モズナガレボシが大外一気の末脚で重賞初挑戦初制覇。グランプリボス産駒はJRAの重賞3度目の挑戦で初勝利を飾った。

 アールスターが感冒のため出走を取り消し、9頭立てで行われたこの一戦。騎手の馬場読みも勝敗を分けたポイントになったようだ。

「モズナガレボシ。乾きつつジョッキーも読みにくい馬場を、松山が色気を持たず終いに懸けた分」とは元JRA騎手の安藤勝己氏がレース後に書き込んだツイートだ。

 この日の小倉芝は「重」でスタートし、昼前には「稍重」まで回復。レースでは、各馬内を避けて、3~4分どころから外に進路を取る場面が目立った。しかし、安藤氏の言葉通り、馬場が急速に乾いていくなか、その傾向をつかむのは難しかったに違いない。

 そんななか、松山騎手とモズナガレボシが取った作戦は後方待機策。4角まで脚をため、直線で大外に持ち出した。これが見事に的中。最後は一気の伸びを見せた。

 一方、若干の“色気”を持って勝ちに行ったのがスーパーフェザー(セ6歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)に騎乗した武豊騎手だろう。

JRA「武豊の法則」でブービー人気・スーパーフェザー3着激走! 過去4勝好相性小倉記念(G3)に「条件成立」で好走フラグは立っていた!?の画像2

「狙っていたパターンのひとつでした。きれいにハマったと思いましたが、最後に止まってしまいました。長く良い脚が続かないタイプでしょうか。よく頑張っています」

 道中はモズナガレボシと馬体を併せるように最後方を進んだスーパーフェザーと武騎手。デビュー以来の最低体重に並ぶ470kgまで馬体は絞られ、勝負気配が漂った。大外枠から武騎手も腹をくくったのか、最後方待機で直線勝負に懸けた。

 モズナガレボシと運命を分けたのは3~4角の中間地点を過ぎたあたり。前述したとおり、4角ギリギリまで追い出しを我慢し、距離ロスを覚悟で直線大外に持ち出した勝ち馬に対し、武騎手は4角手前で早めにスパート。4角では「イン突き」を選択した。

 3角過ぎから一気に加速し、4角で3番手にとりつくと、スーパーフェザーは直線早々と先頭に躍り出た。しかし、直線で取った進路は馬場の4分どころ。大外に比べると荒れ気味で、最後は伸びを欠き、外を通った2頭に差されての3着に終わった。

「3角過ぎから武騎手と松山騎手が見せた駆け引きは正反対のものでしたが、どちらが正解だったというのはないと思います。武騎手が馬場のいい大外に持ち出していても勝ち切れていたかどうか……。逆に松山騎手はインを突いていても勝っていたかもしれません。振り返ってみても分からないほど、今日の小倉の馬場は読むのが難しかったですね」(競馬誌ライター)

 スーパーフェザーは、9頭立ての8番人気。つまり、ブービー人気での3着好走で、三連単9万3130円という波乱の一端を担った。
 
 武騎手にとって小倉記念は通算4勝している得意のレース。4勝のうち直近2勝をいずれもセン馬(13年メイショウナルト、18年トリオンフ)で挙げていた。武騎手がセン馬で臨む小倉記念という「武豊の法則」では2戦2勝だったというわけだ。

 二度あることは三度なかったが、それでも3着。伏兵馬に“好走フラグ”が立っていたことは間違いなさそうだ。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA「武豊の法則」でブービー人気・スーパーフェザー3着激走! 過去4勝“好相性”小倉記念(G3)に「条件成立」で好走フラグは立っていた!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2 C.ルメール「単勝1.7倍」のドン詰まりに大ブーイング!? 行く先々で“前が壁”…近親に二冠牝馬を持つ良血馬がまさかの不完全燃焼
3ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
4武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明
5【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
6JRA武豊「痛恨アクシデント」で恨み節!? 京都2歳S(G3)1番人気トゥデイイズザデイ「痛かったです」クラシックへ黄色信号
7桜花賞グランアレグリア、優駿牝馬ラヴズオンリーユー、秋華賞クロノジェネシス「合計G1・13勝」伝説になった2019年牝馬三冠の激闘! 一方「牡馬」は……
8ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
9元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?