NEW

JRA メイケイエール復帰戦に武豊が「ポツン」宣言!? 「どっちかですよね」明言避けるもついに決断か、横山典弘のお株を奪うマジックに期待

【この記事のキーワード】, ,
JRA メイケイエール復帰戦に武豊が「ポツン」宣言!? 「どっちかですよね」明言避けるもついに決断か、横山典弘のお株を奪うマジックに期待の画像1
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 夏競馬も中盤に差し掛かり、クラシックで凌ぎを削った馬たちも戦線復帰。今週は札幌記念(G2)にソダシ、北九州記念(G3)にもヨカヨカが出走を予定している。

 そんな中、一足先に“自身との戦い”に臨むのがメイケイエール(牝3歳、栗東・武英智厩舎)。19日に行われる平地調教再審査で合格すれば、29日のキーンランドC(G3)で復帰する予定だ。

 鞍上はチューリップ賞(G2)以来の騎乗となる武豊騎手。右足甲の骨折により、桜花賞(G1)では騎乗できなかったが、再コンビ結成に気合が入るところだろう。

 前走の桜花賞では、スタートが合わずに出遅れ。代打騎乗を任された横山典弘騎手が後方で控える競馬を試みたが、全く抑えが利かずに暴走して最下位(18着)と惨敗している。

JRA メイケイエール復帰戦に武豊が「ポツン」宣言!? 「どっちかですよね」明言避けるもついに決断か、横山典弘のお株を奪うマジックに期待の画像2

『フジテレビONE TWO NEXT』で放送される『武豊TV!II』で、武豊騎手が「まあ『先々はやっぱりもう1200mしか無理ですね』みたいな話になったんで」と語ったメイケイエール。今回はその言葉通りの1200m戦。2戦2勝と未だ負けなしのスプリント戦に、期待は高まるばかりだ。

「どっちかですよね」

 武豊騎手がそのように語ったのは、キーンランドCでの作戦。「スタート出てくれれば行きたい」と逃げる競馬を希望するが、そこには大きな問題もあるようだ。

 続けて武豊騎手は「でも(スタートが)遅いんですよ」と、メイケイエールが逃げられない可能性を危惧。前走の桜花賞でも出遅れて後方からとなっただけに、スタートダッシュで後れを取るとスプリント戦での逃げは困難だと思われる。

「だと(逃げが無理なら)、もうドンと下げた方がいいですしね」

 これに対し、武豊騎手が語ったもう一つの可能性が後方待機策。とはいえ、チューリップ賞、桜花賞でも折り合いがつかずに暴走してしまった苦い経験もある。

 阪神JF(G1)では後方からの競馬を何とか成し遂げたが、これは大外枠が幸い。内に切れ込まずに、馬群を遠ざけての追走が功を奏した印象である。

 ここから想像できるのは、横山典弘騎手が得意とする、馬群から大きく離れた後方待機策。天才肌の横山典騎手らしい作戦だが、勝つ気がないようにも見えるため、一部の競馬ファンからは「ポツン」といわれるものだ。

 武豊騎手は「馬込みダメだし……引っ掛かっちゃうんで。前に馬がいても行きますよ……乗っかけますね」と、過去の騎乗経験からメイケイエールの乗り難しい気性を解説。この言葉からも、もしスタートで後手を踏むようなら思い切って後ろからということも……。

 昨年の小倉2歳S(G3)では豪快な差し切りを決め、武豊騎手も「相当、能力高いと思いますね」と語っていた馬。約1年ぶりの1200m戦で、再び輝けるのかに注目したい。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA メイケイエール復帰戦に武豊が「ポツン」宣言!? 「どっちかですよね」明言避けるもついに決断か、横山典弘のお株を奪うマジックに期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!