NEW

JRA福永祐一&M.デムーロ台頭に危機感!? 「マイネル軍団」エースの座“防衛”“へ200万馬券演出「あの騎手」のハングリー精神に期待!!

JRA福永祐一&M.デムーロ台頭に危機感!? 「マイネル軍団」エースの座防衛へ200万馬券演出「あの騎手」のハングリー精神に期待!!の画像1
柴田大知騎手 撮影:Ruriko.I

 8月も終盤に突入。夏の新馬戦を快勝した有力馬が初重賞に挑む時期を迎えつつある。

 今週こそ2歳重賞は予定されていないものの、来週29日には新潟2歳Sが、さらに再来週9月4日は札幌2歳S、5日は小倉2歳S(すべてG3)が予定されている。

 なかでも、札幌2歳Sにいち早く出走を表明したのが、7月10日の新馬戦を圧勝したオンリーオピニオン(牝2歳、美浦・伊藤大士厩舎)だ。

 同馬の馬主はサラブレッドクラブ・ラフィアン。デビュー戦の好内容から「マイネル軍団」の2歳馬でも注目を集める一頭で、伊藤大調教師は「鞍上は柴田大知騎手でいく」と、デビュー戦からの継続騎乗を明言している。

「マイネル軍団」と柴田大騎手といえば、その“蜜月”ぶりはあまりにも有名。振り返れば2005年10月から09年8月まで、丸4年も平地競走未勝利だった柴田大騎手に救いの手を差し伸べたのが総帥・岡田繁幸さんであり、柴田大騎手は丹内祐次騎手と双璧をなす同軍団の主戦騎手となった。

 しかし今年3月、その岡田さんが急逝。「マイネル軍団」の“お抱え騎手”として、柴田大騎手の立場が危うくなるのではと、密かに話題を集めていた。

JRA福永祐一&M.デムーロ台頭に危機感!? 「マイネル軍団」エースの座防衛へ200万馬券演出「あの騎手」のハングリー精神に期待!!の画像2

 事実、6月13日には、福永祐一騎手がラフィアン所有馬のウィズダイヤモンズに騎乗。過去に福永騎手がラフィアン馬に騎乗したのは10年以上も前という“珍事”が発生した。また今年のオークス(G1)を制したユーバーレーベンで好騎乗をみせたM.デムーロ騎手と「マイネル軍団」との関係は以降、より強固なものになったという見方もある。

 一方、柴田大騎手の6月以降の戦績を振り返ると、6月の新馬戦はわずか2鞍。続々とデビューする「マイネル軍団」の新馬たちの鞍上は、国分優作騎手ら他騎手が起用されるケースが目立っていた。

 いよいよ「マイネル軍団」主戦の座は危ういものに……と、そんな懸念を抱かせた7月。柴田大騎手はしたたかに新馬戦で好結果を残していた。

 7月10日には、冒頭で記したオンリーオピニオンで快勝。スタートからハナを奪い、最後の直線では後続に3馬身差をつける圧勝劇を演じた柴田大騎手はレース後「成長途上ではあるけど、能力はありますね」と、この馬に“懸ける”思いをアピールするようなコメントを残している。

 翌11日も2番人気に推されたケッツァーで快勝するなど、“お手馬”獲得のために少ないチャンスを確実にモノに。柴田大騎手は、見事に結果を残している。

 8月に入っても、1日の新馬戦では10番人気のマリネロを2着に導き3連単200万馬券を演出。また先週14日は6番人気のヒメゴゼンを3着に、10番人気のガトーフレーズを勝利に導くなど激走。もちろん共に「マイネル軍団」の馬である。

 21・22日には、新馬戦に3鞍騎乗予定。うち2頭は「マイネル軍団」の馬に騎乗する柴田大騎手は、今週も馬主サイドに好印象を与えて主戦騎手の座を不動のモノにすることができるか。

 人気薄の馬でもゴールまで諦めず、少しでも上位に導くための“泥臭い”騎乗も厭わない。“どん底”から這い上がった男のハングリー精神に期待したい。(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRA福永祐一&M.デムーロ台頭に危機感!? 「マイネル軍団」エースの座“防衛”“へ200万馬券演出「あの騎手」のハングリー精神に期待!!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  2. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  3. JRAヴィクトリアマイル(G1)はソダシ、デアリングタクト、レイパパレをまとめてバッサリ! 3強が持つ弱点とは
  4. JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】
  5. JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う
  6. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  7. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  8. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  9. JRAヴィクトリアマイル(G1)の法則で「10番人気以下」の激走必至!? ソダシ、デアリングタクト、レイパパレら「大物食い」が期待できる伏兵2頭とは
  10. JRAシャフリヤール、タイトルホルダーら挑戦も凱旋門賞「不要論」再燃……年々広がる武豊らホースマンの悲願と、ファン心理との「乖離」とは