NEW

JRA「騎乗停止」武豊×オルフェーヴルで池添謙一の人生変わった!? 泥沼「8連敗」C.ルメールは何故「クロノジェネシス×凱旋門賞(G1)」を断念したのか【週末GJ人気記事総まとめ】

【この記事のキーワード】, ,

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA「騎乗停止」武豊×オルフェーヴルで池添謙一の人生変わった!? 泥沼「8連敗」C.ルメールは何故「クロノジェネシス×凱旋門賞(G1)」を断念したのか【週末GJ人気記事総まとめ】の画像1

JRA C.ルメールは何故「クロノジェネシス×凱旋門賞(G1)」を断念したのか。「日本馬で勝てたら引退してもいい」もレシステンシアが最後の“貢ぎ物”?

ライター「A」:今春の高松宮記念(G1)で2着したレシステンシアが、C.ルメール騎手とのコンビで9月のセントウルS(G2)から始動することがわかりました。

デスク「Y」:っていうことはグランアレグリアはスプリンターズS(G1)に出ないってことか。

ライター「A」:去年も勝つには勝ちましたが、藤沢和雄調教師も冗談で「使うところを間違えた」と話していましたしね。大目標に掲げる10月の天皇賞・秋(G1)に直行するようです。

デスク「Y」:なんだ、てっきりルメール騎手がクロノジェネシスの凱旋門賞(仏G1)に乗らないのは、グランアレグリアがスプリンターズSに出るからだと思ってた。

ライター「A」:凱旋門賞とスプリンターズSは同日の開催ですからね。

デスク「Y」:コロナ禍だからってこと? でも武豊騎手は「依頼があれば14日の自主隔離に関係なく行きたい」って息巻いてたよ。

ライター「A」:凱旋門賞はフランスが誇る世界最高峰のレースですし、ルメール騎手にしても「日本馬で勝てたら引退してもいい」と話すくらいの存在なんですけどね。

デスク「Y」:じゃあ、そうなるとノーザンファームからストップが出たってことかなあ。

ライター「A」:逆に言えばルメール騎手の凱旋門賞挑戦を説得できるのがノーザンファームくらいとも言えますが、記事ではレシステンシアとのコンビが説得材料の1つなのではと言われていますね。

デスク「Y」:なるほどね。でも逆に言えばクロノジェネシスがO.マーフィー騎手への“貢ぎ物”かもしれないよ?

ライター「A」:どういうことですか?

デスク「Y」:ノーザンファームがルメール騎手の後釜として、マーフィー騎手にご執心なのは、以前から言われてることだからね。本人がコカイン騒動に巻き込まれたり、新型コロナウイルスの影響もあって最近、日本競馬から遠ざかってるけど、やっぱりルメール騎手の後釜はマーフィー騎手でしょ。

ライター「A」:ノーザンファームのお抱えエース騎手の後継問題ってことですか。

デスク「Y」:そうそう、クロノジェネシスの凱旋門賞はノーザンファームからマーフィー騎手への「早く日本に戻ってきて」っていう“ラブコール”だったりして(笑)。

ライター「A」:いやあ、なんか政治色強いなあ……。

JRA「騎乗停止」武豊×オルフェーヴルで池添謙一の人生変わった!? 泥沼「8連敗」C.ルメールは何故「クロノジェネシス×凱旋門賞(G1)」を断念したのか【週末GJ人気記事総まとめ】の画像2

JRA武豊まさかの「騎乗停止」…池添謙一の騎手人生を分けた13年前の夏。自身の「営業力」で掴んだグランプリ連覇、そしてオルフェーヴルとの三冠制覇へ

ライター「A」:三冠馬オルフェーヴルの兄としても知られているドリームジャーニーですが、元々は池添謙一騎手ではなく、武豊騎手とのコンビが予定されていたそうですね。

デスク「Y」:あったあった。最初は蛯名正義騎手だったんだけど、3歳秋の神戸新聞杯(G2)から武豊騎手に乗り替わったんだよね。そこで武豊騎手が“一発回答”して、そのまま主戦にって流れだったような。

ライター「A」:4歳夏の小倉記念(G3)に挑む際も、最初は武豊騎手が予定されていましたが、騎乗停止になったところ池添騎手が自らを売り込んでチャンスを掴んだとか。

デスク「Y」:池添騎手らしい。でも、そういう姿勢って大事だよね。ということは、そのまま武豊騎手が復活したドリームジャーニーと大活躍して、そのままオルフェーヴルにも騎乗する世界線もあったってわけ?

ライター「A」:世界線って……まあ、そういうことになりますね。競馬にタラレバは、語りだすとキリがないので禁物ですが。

デスク「Y」:ディープインパクトが引退してから、たった5年くらいでまたオルフェーヴルは、いくらレジェンド武豊騎手でもダメだって。伝説盛り込み過ぎだって。

ライター「A」:なので、ここで池添騎手が予定していた函館行きをキャンセルしてでもドリームジャーニーに乗ったわけですよ。それが“シュタインズゲートの選択”です。

デスク「Y」:おじさん競馬歴20年超えてるけど「ちょっとこのスポーツ、ドラマあり過ぎじゃね?」って思ってたんだけど、そういうことだったのか……。

ライター「A」:どういうことだったのか詳しく聞きたいところですが、これ以上は危ないのでやめましょう(笑)

JRA「騎乗停止」武豊×オルフェーヴルで池添謙一の人生変わった!? 泥沼「8連敗」C.ルメールは何故「クロノジェネシス×凱旋門賞(G1)」を断念したのか【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか