NEW

JRA シャフリヤール世代「最後の大物」が9馬身差デビュー! セレクトセール1.7億円馬のディープインパクト産駒が異例の「地方」スタート

JRA シャフリヤール世代「最後の大物」が9馬身差デビュー! セレクトセール1.7億円馬のディープインパクト産駒が異例の「地方」スタートの画像1

 18日に行われた門別1Rで、異色の3歳馬サトノペルセウス(騸3歳、門別・田中淳司厩舎)がデビュー戦を迎えた。

 すでに1つ下の世代の馬たちが続々とデビューを迎えている中、3歳の夏というこの時期に、ひっそりとデビュー戦を迎えたサトノペルセウス。スタートこそ若干出遅れたが、二の脚の速さを利かせてハナへ。楽な手応えで直線を迎えると後続をグングン突き放し、最後は9馬身差の圧勝を飾った。

 それもそのはず。実は社台ファーム生産のサトノペルセウスは父がディープインパクト、母が伊1000ギニー(G3)優勝馬という良血だ。19年のセレクトセール1歳で、サトノダイヤモンドなどでお馴染みの里見治氏によって約1億7000万円で落札された超エリートである。

 そんな期待の高額馬だからこそ、当初のデビューは中央競馬が予定されていた。しかも昨夏に栗東・藤原英昭厩舎へ入厩したサトノペルセウスは、2歳新馬ながら古馬オープンのグレートタイムや後にデイリー杯2歳S(G2)を制するレッドベルオーブに調教で先着を果たしており、POGを楽しむ競馬ファンからも高く注目されていたのだ。

 しかし、サトノペルセウスが中央競馬で出走することは無かった。今年5月22日に中央競馬の登録を抹消され、ホッカイドウ競馬へ転入することとなった。

 いわゆる都落ちといった状況だが、地方競馬で複数回レースに勝利すると、中央競馬へ転入する権利を得ることができる。2・3歳の場合は地方競馬で2勝以上、4歳以上の場合は3勝以上すると中央競馬再転入が許される。

 サトノペルセウスは既に1勝しているため、あと1度レースへ勝利すると中央競馬へ戻ることができ、1勝クラスから再スタートすることができる。

 今回はダート1200mのレースだったが、ディープインパクト産駒ということで血統的に本質は芝が合うはずだ。藤原英厩舎に所属していた頃は「トモの緩さはあるけど芝に行って、いいキャンター。500キロくらいあって見栄えがする。走りが軽くていい感じ」と、高く評価されていただけに、JRAに戻っても活躍が期待できそうだ。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

JRA シャフリヤール世代「最後の大物」が9馬身差デビュー! セレクトセール1.7億円馬のディープインパクト産駒が異例の「地方」スタートのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?