NEW

JRA大本命『ウマ娘』勢まさかの「珍客」に大逆転負け!? アイドルホースオーディション「ぬいぐるみ化」をゲットしたのは「ここしかない」個性派たち

【この記事のキーワード】, ,

JRA大本命『ウマ娘』勢まさかの「珍客」に大逆転負け!? アイドルホースオーディション「ぬいぐるみ化」をゲットしたのは「ここしかない」個性派たちの画像1

 21日、ファン投票の上位5頭が「ぬいぐるみ化」される『京都競馬場Presents アイドルホースオーディション』の最終結果がJRAの公式ホームページ並びに、主催する京都競馬場の公式Twitterで発表された。

「これまでにぬいぐるみ化されていない競走馬」または「すでにぬいぐるみ化されているが、現在ターフィー通販クラブで販売されていない競走馬」という制限が設けられていたとはいえ、まさかの結末に驚いたファンも少なくなかったようだ。さっそく「ぬいぐるみ化」が決定した上位5頭を発表したい。

 第5位は、現役最強の2勝馬カレンブーケドール。

 3歳春のスイートピーS(L)以来、勝ち星から遠ざかっているが、オークス・秋華賞・ジャパンC(いずれもG1)で2着があるなど、その実力は現役屈指。今年の天皇賞・春(G1)で3着するなど、いつビッグレースを勝ってぬいぐるみ化されてもおかしくない存在だが、一足早くファンの手元に届くことになりそうだ。

 第4位は、往年の名ステイヤー・ライスシャワー。

 菊花賞(G1)制覇に天皇賞・春を2勝。平成を代表するマラソンランナーは、同時にミホノブルボンの三冠阻止、メジロマックイーンの天皇賞・春3連覇を阻むなど「黒い刺客」と恐れられた。大ヒット競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)に登場したことで再び脚光を浴びた格好だが、数多くの名馬を押し退けての選出は、やはり主催が京都競馬場だったことも大きい。「淀に咲き、淀に散った馬」それがライスシャワーだ。

 第3位は、こちらも長く勝ち星から遠ざかっているキセキがランクイン。

 2017年の菊花賞を1番人気に応えて勝利した際は、今後の競馬界を席巻する存在と目されていたが、まさかそこから4年近く勝ち星から遠ざかるとは誰が想像しただろうか。M.デムーロ騎手とのコンビで3戦連続上がり最速だった馬が、川田将雅騎手とのコンビで現役屈指の逃げ馬に、武豊騎手とのコンビで挑んだ昨年の宝塚記念(G1)では後方からの捲りで2着している。ただ、共通していることは「あと一歩で勝てない」ことである。

 第2位は、最小馬体重記録保持の現役馬メロディーレーン。

 主な勝鞍が海の中道特別(2勝クラス)ながら、菊花賞で5着するなどG1でも存在感を放っているメロディーレーン。330~340kg台という馬体でJRAの最小馬体重を記録するなど、小さいながらも頑張る姿に多くのファンが魅了された。JRAからも「G1馬にも匹敵するほどのアイドルホース」として紹介されている。今回は堂々の2位でぬいぐるみ化が決定したが、今から気になるのはその「サイズ」だろう。

JRA大本命『ウマ娘』勢まさかの「珍客」に大逆転負け!? アイドルホースオーディション「ぬいぐるみ化」をゲットしたのは「ここしかない」個性派たちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?