NEW

JRA「ソダシは一切いらない」藤田伸二氏が札幌記念(G2)予想で断言も、45分後「勝っちゃったよ……」。それでも最後は笑みで終わった理由

【この記事のキーワード】, ,
JRA「ソダシは一切いらない」、藤田伸二氏が札幌記念(G2)予想で断言も、45分後「勝っちゃったよ……」。それでも最後は笑みで終わった理由の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 22日、札幌競馬場で行われた札幌記念(G2)は、2番人気ソダシ(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎)が勝利。8着に敗れたオークス(G1)からの巻き返しに見事成功した。

「勝っちゃったよ……」

 横綱相撲を見せた白毛の3歳牝馬に対し、そう漏らしたのは元JRA騎手の藤田伸二氏だ。

 藤田氏はこの日、自身のYouTubeチャンネルで約1か月ぶりとなるライブ配信を実施。地元・札幌で行われるスーパーG2の予想を中心に、視聴者の声を拾いながら約1時間にわたってしゃべり尽くした。

 開始早々に藤田氏が言及したのはソダシの取捨についてだった。「今日は、ソダシは一切いらないと思います」と断言し、視聴者を驚かせた。

JRA「ソダシは一切いらない」、藤田伸二氏が札幌記念(G2)予想で断言も、45分後「勝っちゃったよ……」。それでも最後は笑みで終わった理由の画像2

 そんな藤田氏が本命に挙げたのは絶好枠1枠1番に入った6番人気ステイフーリッシュだった。

「基本的に本命党の藤田氏としては、珍しく穴っぽい馬を軸(本命)に据えたと思います。その後、発表した買い目は、三連複フォーメーションで、ステイフーリッシュを軸に、2列目にラヴズオンリーユーとユーキャンスマイルの2頭を置き、3列目にはマイネルウィルトス、ディアマンミノル、ソダシを除く全頭に流すという15通りでした。2番人気のソダシを軽視するというのが、藤田氏の揺るぎない結論だったのですが……」(競馬誌ライター)

 レースは、スタート直後にバイオスパークが競走を中止する波乱含みの展開。大外枠が懸念されたソダシは好スタートから1コーナーまでにうまく内に切れ込み、2番手の好位を確保した。

 レースが動いたのは59秒9というラップが刻まれた1000mを過ぎたあたり。後方2番手を進んでいたブラストワンピースと岩田康誠騎手が一気に先頭集団にとりついた。これに応戦したのがソダシと吉田隼人騎手だ。逃げたトーラスジェミニを交わして先頭に躍り出ると、外から迫るブラストワンピースに抜かされまいと早仕掛けにも見えるスパートをかけ勝負に打って出た。

 4コーナーを迎えるとブラストワンピースは行き脚が鈍り脱落。ソダシのリードが広がったが、好位にいたペルシアンナイトと中団から脚を伸ばしたラヴズオンリーユーが必死の追撃。最後はラヴズオンリーユーに3/4馬身差まで詰め寄られたが、なんとか先頭でゴールを駆け抜けた。

 一方、自身の本命馬ステイフーリッシュは3コーナー手前で失速。ゴール前でソダシの勝利を確信した藤田氏は唖然とした表情で「勝っちゃったよ」と2度つぶやいた。

 その後は一呼吸置き、藤田氏は「(ソダシを)ちょっと見くびっていたなぁ……」とポツリ。「3コーナー過ぎあたりから康誠にプレッシャーをかけられて、イヤイヤ先頭に立たされての粘り腰だから、レース内容的には強い競馬だった」と勝ち馬を称賛することも忘れなかった。

 軸にしたステイフーリッシュは結局、競走中止に終わり、もちろん馬券的中はならず。しかし、もう一つの重賞・北九州記念(G3)では馬単8100円をしっかり的中させていた。最後は、「今日はプラスかな」と笑みを見せ、この日の配信はお開きとなった。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA「ソダシは一切いらない」藤田伸二氏が札幌記念(G2)予想で断言も、45分後「勝っちゃったよ……」。それでも最後は笑みで終わった理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?