NEW

JRA 武豊「コンビ再結成」が悩みのタネに?「今年のクラシックはこの馬」ダービーの相棒か、名門厩舎との復縁か……レジェンドに迫られる難しい選択

JRA 武豊「コンビ再結成」が悩みのタネに?「今年のクラシックはこの馬」ダービーの相棒か、名門厩舎との復縁か……レジェンドに迫られる難しい選択の画像1

 今年の日本ダービー(G1)で7着に敗れた後、休養に入っていたヨーホーレイク(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)。来月26日、中京競馬場を舞台に行われる神戸新聞杯(G2)で復帰、武豊騎手と再コンビを結成することが明らかになった。

 同騎手とヨーホーレイクのコンビはこれまで3戦して1勝。ホープフルS(G1)では勝ち馬ダノンザキッドから0.3秒差の3着。きさらぎ賞(G3)では鋭い追い込みを見せて2着に入った実績がある。

 武豊騎手の怪我などもあり、きさらぎ賞を最後にヨーホーレイクとのコンビは解消。その後、クラシック一冠目の皐月賞(G1)で新たに岩田望来騎手を鞍上に迎えて挑むも5着。続くダービーでは川田将雅騎手が手綱を取り、6番人気に支持されが、最後の直線の進路取りで大きなロスなどもあって7着と敗れていた。

「怪我から復帰した武豊騎手はワールドプレミアが乗り替わりになるなど、友道厩舎とは疎遠に近い状態となっていました。今回のヨーホーレイクとのコンビ復活はまさに朗報といえそうです。結果次第ではワールドプレミアなども戻ってくるかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 神戸新聞杯の後には当然、菊花賞(G1)も視野に入ってくると思われる。今年の菊花賞はエフフォーリアが既に回避を表明しており、ダービー馬シャフリヤールも出走が未確定な状況。春クラシック上位陣が、参戦しないとなれば、非常に手薄なメンバー構成になることも予想される。ヨーホーレイク陣営にしてみれば、またとないチャンスといえるだろう。

JRA 武豊「コンビ再結成」が悩みのタネに?「今年のクラシックはこの馬」ダービーの相棒か、名門厩舎との復縁か……レジェンドに迫られる難しい選択の画像2
ディープモンスター 競馬つらつらより

 一方で、武豊騎手はもう1頭のお手馬であるディープモンスター(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)の動向次第では、難しい選択を迫られるかもしれない。

 こちらはダービーで16着に大敗した後、休養に入っている。体調面を理由に菊花賞トライアルの回避は濃厚であるとみられているが、直行でラスト一冠に出走してくる可能性はまだ残っている。

 春はヨーホーレイクとディープモンスターのお手馬2頭から、「今年のクラシックはこの馬で」とディープモンスターを選んでいた武豊騎手。両馬が菊花賞で相まみえることとなれば、果たしてどちらを選ぶことになるのだろうか。

「ダービーではディープモンスターを選んでいることから、コンビ続行の可能性もなくはないでしょう。

ただ、ヨーホーレイクは友道厩舎の管理馬。春の天皇賞(G1)でワールドプレミアを降板するなど、穏やかではない関係も危惧されていました。蜜月の関係を築くためにも結果を残したいところです。わずか1戦で手放してしまうのは相当に惜しいようにも思われます。

もし、ディープモンスターが菊花賞に出走するとなれば、武豊騎手は相当頭を悩ませることになるかもしれませんね」(同)

 ヨーホーレイクの騎乗依頼は朗報だが、武豊騎手にしてみれば悩みのタネが増えてしまったということなのかもしれない。

 ちなみに武豊騎手×友道厩舎×金子真人オーナーのタッグは、2月28日のミスフィガロ以来となる。まずは神戸新聞杯でどのような走りを見せてくれるのか、実力馬の走りに期待したい。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA 武豊「コンビ再結成」が悩みのタネに?「今年のクラシックはこの馬」ダービーの相棒か、名門厩舎との復縁か……レジェンドに迫られる難しい選択のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?