NEW

JRAの「忖度」でとんだとばっちり!? 引き受けた厩舎は次走聞かれて戸惑いも……。 禁止薬物、パワハラ疑惑「渦中」の調教師に意外な特別措置

【この記事のキーワード】, ,

JRAの「忖度」でとんだとばっちり!? 引き受けた厩舎は次走聞かれて戸惑いも……。 禁止薬物、パワハラ疑惑「渦中」の調教師に意外な特別措置の画像1

 暴力、パワハラ案件で7月末から調教停止中だった木村哲也調教師の正式な処分が18日、JRAから発表された。日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号に該当するとして、令和3年7月29日から令和3年10月31日まで調教を停止するというものだった。

 この処分に対し、現場の記者からは“意外”という声も出たようだ。

「正直に言うと少し短いのかなと感じました。過去に似たような事例がないとはいえ、半年という線が1番濃いという雰囲気でしたから……。

ここでも新聞記者の予想がいかに当たらないかが分かりましたよ(笑)。当の本人はコロナ禍ですし、毎日どこに行くでもなく家で反省の日々を過ごしているようです」(競馬記者)

 JRAからは馬主や厩舎スタッフへの連絡禁止、牧場回り、挨拶などは固く禁止されているため、関係者との接触を遮断しているらしい。

 これとは別件で調教停止中だったのが大竹正博調教師。謹慎の期間中は全く関与せず、趣味に没頭していたとも聞いた。噂では農業をやっていたのではなんて話も出ている。

 そのため、大竹厩舎の番頭である岩藤調教助手が、馬主や牧場への報告や出走登録など全てを1人でこなしていたという。その大変さは想像を絶する程で、調教師と調教助手の仕事を兼務していて昼寝の時間すらなかったと噂されるほどの激務だったとのこと。

「今週から大竹師が復帰するので、今はホッとしていると思いますよ。彼は以前から調教師試験を受けているようですし、今回の件でJRAからの評価もかなり上がったのでは?既に厩舎を回していたという実務経験を積んだ訳ですから、数年後には岩藤厩舎が誕生しているかもしれませんね」(同)

 一方、競馬ファンが気になるのは、処分を受けた調教師の懐事情である。一時的とはいえ、他厩舎に管理馬が転厩するわけだから、自身が謹慎中に “元管理馬” が賞金を稼ぐわけである。その行方はどうなっているのか興味も湧くが、ほぼノーダメージらしい。

 実は、この件についてJRAから特別な扱いが施されているというのだ。

JRAの「忖度」でとんだとばっちり!? 引き受けた厩舎は次走聞かれて戸惑いも……。 禁止薬物、パワハラ疑惑「渦中」の調教師に意外な特別措置のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】