NEW

【運命の一戦】飛躍の勝利か、非情のラストランか。熾烈を極めるJRA3歳未勝利の注目馬はコイツだ!【土曜編】

【この記事のキーワード】, , ,

【運命の一戦】飛躍の勝利か、非情のラストランか。熾烈を極めるJRA3歳未勝利の注目馬はコイツだ!【土曜編】の画像1

 東京パラリンピックが開幕し、この夏最後のビッグイベントが大きな盛り上がりを見せている。そしてJRAの夏競馬も残り2週となったわけだが、この2週間は競馬関係者にとって重要な時期でもある。というのも3歳限定で行われる未勝利戦が、この2週間で終了となるからだ。

 JRAで1年に登録される競走馬は4800頭ほどだが、その中で勝ち上がることができるのは3分の1ほどといわれている(地方の交流戦などは除外)。この2週で3歳未勝利に出走するのは、ここまで勝ち上がることができなかった3歳馬で、勝利できなければ大きく分けて3つの選択肢が待っている。

 1つは地方競馬への移籍だ。JRAでは通用せずとも、地方なら活躍できるという考えで地方への移籍や、他の馬主へ売却することもある。移籍後に好成績を残せば、出戻りでJRAに再度移籍することも珍しくはない。

 2つ目は未勝利のままJRAに在籍し、上のクラス(3歳以上1勝クラスなど)に挑戦するという選択肢だ。ただし優先出走権は1勝クラスの馬にあるので、思うようにレースに使えないことも多い。加えて格上が相手だけに良績を残すのは困難。またその場合、管理馬が多い人気厩舎では在籍できず、他の厩舎へ転厩するケースもある。

 最後はこのまま引退することだ。セレクトセールで1億円を超えるような高額馬であっても、あと一歩の2着が多い実力馬であっても、1勝できなければ存在意義はなくなってしまうのがJRAのルール。ゆえにこの2週で行われる3歳未勝利に出走させる関係者としては、何が何でも勝ちたいのである。

 残り2週となった3歳未勝利は、今週20レース、そして来週17レースの合計37レースのみ。つまりJRAに安心して在籍できる最後の切符は37枚であり、どの馬が手にするのか非常に興味深い状況となっている。

 今週と来週はすべての3歳未勝利戦に着目し、現地で取材を行う記者の枠順確定後の最終情報を踏まえた注目馬を紹介しよう。


■土曜の3歳未勝利と注目馬

札幌3R【ダ1000m】フクノルッカ
前走は隣の馬につられて出遅れたが、それでも好内容の2着。「前走から付けたブリンカーと減量騎手の効果も大きかった」とのこと。ともに2度目で今回はチャンス大。ここまで2着4回で力も上位だ。ドクタースキル、キュートラン、レイワプリンセスも上位争いか。

札幌4R【ダ1700m】マテンロウアレス
土曜の横山典弘騎手は信頼関係にある昆厩舎の3頭に騎乗するが、同馬はその一頭でもっとも有力。ここまで12戦して2着5回3着4回と歯がゆい競馬が続く。調教師は「こんなところにいる馬じゃないんだけどね」と評価しているだけに、ダート2戦目で勝負の一戦。セブンデイズ、ウォーターボンボンと三つ巴の競馬。

札幌6R【芝1500m】ヴィトーリア
セレクトセールで落札された馬だが勝ちきれず。特に2走前の阪神の敗退はショックだった様子。その後立て直して状態も安定。今週からCコースで有利な内枠を引いて注目。

【運命の一戦】飛躍の勝利か、非情のラストランか。熾烈を極めるJRA3歳未勝利の注目馬はコイツだ!【土曜編】のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  6. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?