NEW

本人も「苦情100%」と認めた失言で地方競馬実況アナが謹慎! 競馬ファンを巻き込んだレスバトルの顛末

【この記事のキーワード】, ,

本人も「苦情100%」と認めた失言で地方競馬実況アナが謹慎! 競馬ファンを巻き込んだレスバトルの顛末の画像1

 21日、園田・姫路競馬実況アナウンサーの竹之上次男アナが自身のツイッターにて、園田・姫路競馬を管轄する兵庫県競馬組合宛に自身への苦情が殺到していることを明かした。

 竹之上アナは前日20日にも、自身のブログにて行ってきた「園田・姫路競馬開催日誌」を終了することを発表。2日続けて衝撃的な事実が判明することとなった。

 その影響か25日の園田競馬開催から、通常は実況を担当しているはずの竹之上アナが実況出演していないことが判明している。

 一連の騒動の原因として考えられるのが、竹之上アナのTwitterにおける言動である。

 竹之上アナは、プロフィール欄に「園田・姫路競馬実況アナウンサー」と記載した自身のツイッターアカウントを通じて、これまで約1万6千にも及ぶツイートを行ってきた。

 その中には、「マスク不要論」・「新型コロナワクチン不要論」・「PCR検査不要論」などの新型コロナ関連のツイートも……。そして、竹之上アナは長期間にわたり3つの不要論を中心に自身の新型コロナ見解を発信し続けていた。

 その結果、自身の見解を発信し続ける竹之上アナへ不信感や不快感が募った競馬ファンを中心に、兵庫県競馬組合へクレームが多数寄せられる事態にまで発展してしまった。

 ネット上でも、「実況している競馬場がマスクをつけての観戦を呼びかけているのに、なぜマスク不要論を唱える」「自分の立場を考えてください」などといった非難が相次いだ。中には、竹之上アナへ同情する書き込みもあったものの、本人によると競馬組合へ届いた声は“100%”苦情だったという。  

「完全な個人アカウントでのツイートなら、考え方は多種多様でもあるので、グレーゾーンだったかもしれません。ただ、竹之上アナは『園田・姫路競馬アナウンサー』という肩書きの持ち主。関係各所に迷惑が掛かることも考慮すれば、自重すべきだったかもしれません。

また、攻撃なツイートが目立ちました。自身の見解に対し、反論してきた相手と、俗に言うレスバトルを行うこともしばしば。気に入らなければ、ブロックもしていたようです」(競馬ライター)

 竹之上アナは、フリーながらラジオNIKKEIの中央競馬実況の進行を務めた経歴がある優秀なアナウンサー。本人も本意ではなかったと考えられる今回のトラブルだが、再び園田・姫路競馬場に竹之上アナの実況が響き渡る日は訪れるのだろうか。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

本人も「苦情100%」と認めた失言で地方競馬実況アナが謹慎! 競馬ファンを巻き込んだレスバトルの顛末のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか