NEW

【運命の最終戦】金子真人オーナー、シャケトラの妹サヴァニャンも「最後」の生き残りをかけて出走……必見の3歳未勝利【日曜編】

【この記事のキーワード】, ,

【運命の最終戦】金子真人オーナー、シャケトラの妹サヴァニャンも「最後」の生き残りをかけて出走……必見の3歳未勝利【日曜編】の画像1

 土曜の3歳未勝利は10レース行われて1番人気は3勝のみ。どれも激しいレースが続いた。ジョッキーの騎乗ぶりを見ても、他の条件戦と比較してより力が入っているように思えたほどだ。勝利した陣営はホッとしただろうし、僅差で勝利を逃した陣営の悔しさも相当なものだろう。

 日曜も同様に3歳未勝利に注目したい。中でも新潟4Rの芝2000mが特にポイントの高いレース。というのも新潟で行われる芝2000mの3歳未勝利は、このレースが最後なので、ここが適距離の馬はすべてをかけて挑んでくるからだ。実際にノーザンファームの良血ディープインパクト産駒はC.ルメール騎手を確保して勝負してくるし、他にもノーザンファームや社台ファームの血統馬がズラリと揃った。さらに小倉は芝の3歳未勝利が3つ組まれているが、シャケトラの妹サヴァニャンといった注目のディープインパクト産駒などが出走する。

 見どころ満載となった日曜の3歳未勝利も、現地で取材を行う記者の枠順確定後の最終情報を踏まえた注目馬を紹介する。


■日曜の3歳未勝利と注目馬

札幌2R【ダ1000m】バンベルク
ノーザンファームの生産馬でキャロットファームの募集馬。ここまで2着が4回あり陣営としては何とか勝たせたいところ。スペシャリティ、ウインカンターレが強敵。

札幌3R【ダ1700m】ウィズザワールド
ハートレーの妹、インカンテーションの妹、セレクトセールで落札されたディープインパクト産駒など多様なメンバーが出走。だがここはウィズザワールドが抜けている。新馬戦で2着に好走した実力馬で、前走も勝ちに等しい2着。ここは落とせないだろう。

札幌4R【芝2000m】アースフレア
2頭のFrankel産駒に注目が集まるが、ここはアースフレアが狙い。好走したときはうまく逃げが嵌った時で、今回も単騎逃げが可能なメンバーでCコース。大外16番は懸念材料も前走が15番で2着なので問題ない。オーナーブリーダーの所有馬で、引退後の繁殖牝馬としての価値も考えて、何とか勝ち上がりたいところ。

札幌6R【ダ1700m】シゲルダイナミック
ルメール騎手が札幌滞在ならルメール騎手が乗るはずだったが、新潟遠征のため同じエージェントの武豊騎手が騎乗。実力的にスムーズな競馬ならあっさりだろう。セレクトセールで9288万円だったレインボーラインの弟ヒシハルクは初ダートでも厳しそう。


新潟2R【ダ1800m】ジジ
3戦連続2着で、前2走はともに勝ち馬と同タイム。陣営のフラストレーションはかなりのもの。「前走は早めに押し出されたし、勝ち馬にマークされて厳しい展開。何とかしたい」と陣営も意気込む。ここを勝ってスッキリしたいところ。

新潟4R【芝2000m】クイーンズキトゥン
サンデーレーシングにて8000万円で募集されたディープインパクト産駒で、藤沢和雄厩舎とルメール騎手という組み合わせ。「9月5日の芝2200mと両にらみでしたが、相手関係と状態をみてここに出走。7月に骨瘤が出て休ませた影響はありません。状態はいいだけに何とかしたいです」と期待は高い。

【運命の最終戦】金子真人オーナー、シャケトラの妹サヴァニャンも「最後」の生き残りをかけて出走……必見の3歳未勝利【日曜編】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち